BOROさんって誰?

首相が難病患者支援のBOROさんと面会

って言う記事が掲載されていたその場で

100万円寄付したって書かれていました

歌手って書かれていたので、どんな人だろうと

思って調べて見ました

調べながら、涙が出て来ました

感動致しました!!素晴らしい人でした

経歴を拝見しながら本当にジーンと来ました

正直、音楽大好きな私、恥じております!!

こんな素晴らしい人を知らないなんて

1954年生まれだから64歳だね

BOROと言うニックネームは

中学二年生の頃に彼が乗り回していた

オンボロ自転車をテーマにした

「ボロの相棒」と言う自作の詩から

友人達がつけたニックネームで

自らのミュージシャンとしての

使命を 民衆の苦しみの代弁者と自覚する

本人がそのまま芸名にしたのだそうだ

最初、大阪の北新地でギターの引き語り

していて内田裕也さんが才能を見出し

彼のプロジュースで1979年にデビュー

したって言うから39年前の事だね

BOROさんの代表作としては

今や皆が知っている大阪で生まれた女」

この歌は当然私も知っていたが、色々な

人が歌っているのでBOROさんの歌って

知りませんでした

BOROさん自身C型肝炎のキャリヤで

体調不良が続いたり硬膜下血腫とか口の

中を膿が溜まって5年間に5回も手術したり

今はかなり健康体になっている見たいです

1991年筋ジストロフィーの少女と出合って

から1993年基金を設立したり

チャリティーコンサートで募金活動や

署名運動を通した活動をされている

基金設立して2017年24年に目に、

「NPO法人さい帯血国際患者支援の会」

理事長の有田美智世氏とタッグを組み、

京都大学・山中伸弥教授の

iPS細胞研究基金周知広報の歌

『しあわせのおくりもの』を製作した

BOROさんは告知の中で

このように言われわれています

「私に出来ることは 歌を創り歌うことです。

難病と闘っている患者さん

治療法確立を目指している研究者の方々

患者支援の活動をしているボランティアの

みなさんに思いを馳せ出来上がった歌が

「しあわせのおくりもの」と

「愛の配達人」ですとみなさんと一緒に

難病克服を目指してその機運を

盛り上げていきましょう!どうか

くれぐれもよろしくお願い申し上げます!」

素晴らしい言葉です思いです!!

色々な曲も作られ、提供もしています

素晴らしいBOROさんの功績を是非

ご覧になってください!!


感動のおすそ分けをしたいと思います

BOROさんのお名前を知らずにいた
私をお許しください

読んで頂き有難うございました

BOROさんの初回限定版です

大阪で生まれた歌【初回限定盤】

BOROさんの自叙伝です 

 

続きを読む