健康に関する本

本.JPG
本日の新聞の広告欄掲載されていました

今年になってかな?二か月に1回か三か月
に一回は同じのが掲載されるのだけど
意図は何だろうって?ベストセラー27万部
突破とか45万部突破とか書いて有るけれど
正直、それ程でもないのじゃないか売れてるのは
って思ってしますのは私だけでしょうか?

私も実際購入しています「腎臓をもみなさい」
「医者に殺されない47の法則」
「薬に殺されない47の法則」

私は今70歳何としても100年時代を目指して
健康に関してはテレビで何が良いと言ったら
実行するし本でこれが良いと言ったら、すぐ購入
するし、常に貪欲に健康に関する情報にはアンテナ
を張ってる。自分に合わなければ中止すれば良いし
良いなあっと思えば継続すれば良いしと思ってる

「疲れを釣りたきゃ腎臓をもみなさい」って
本は昨年購入したのですが、揉み続けています
確かに疲れは取れている気はしますが実地した
感想に書かれている血圧は私は効果が
有りません。

何故、続けてるのかって?
体が良いと言っているのかも知れません。今の所
毎日の運動の中に組み込み一日三回は腎臓を
もんでいます。

次に、この横にある「ズボラでも血圧がみるみる
下がる49の方法」は買っていません 違う本
「薬に頼らず血圧を下げる方法」と言う本と
昨年に購入して実行し未だに継続しているから
これもバッチリ効果大とは言い切れない。
でも体がイヤだって言ってないので続けています。

体の声を聞きながらって「101歳の習慣」
をお書きになった高橋幸枝さんの著書に書いて
有りました「体の声に耳を傾ける」この言葉
私も同感に思い、無理をしないで100年
時代に突入していこうと日々生活をしているのが
現状ですかな。

題から、随分それましたが、
この再販も本の売り方の手法かも知れません。
どなたかがこの本を買われて、自分に役に立つと
思われたら、それで良いのではないでしょかねえ

長い文章、ダラダラと書きなぐって来ましたが
読んで頂き有難うございました



posted by アクティブシニア70 at 10:02Comment(0)