書店が減少しているって

紙の本って言うか、今、電子書籍で読む人が

多くなり紙の本を読む人が、どんどん減少

しているそうだ。皆さんは如何ですか?

私は残念ながら紙の本はネットで購入しています

以前は近くの本屋に買いに行っていたのですが

段々遠のいて来て面倒くさがり屋の私は

今では殆どネットで購入しているのが

現状ですねえ。実は

現在の出版業界の構造がどのように

なっているかと言うと出版社と書店を

つなぐ出版販売会社(取次会社)がいて

出版社が作った出版物は、取次会社を経由して

全国の書店へ届けられます。全国に多数

ある出版社と書店の間に立つことで

流通や取引をスムーズにしているのです

さらに、出版社から集まる商品情報や

書店から集まる売上データ・市場動向をもとに

より良い出版物作り・より良い書店作りを

サポートしていますし、また、スペースの

限られた書店で売れ残った書籍は、再び取次を

経由して出版社に戻り次の販売チャンスを

待ちます書籍より寿命が短い雑誌の場合は

やはり取次を経由して再生紙への加工の

工程に進んでいきます

このような構造になっている見たいです

この取次店が今、大変な問題に直面しています

出版物の売り上げが落ち込む一方

全国的な労働力不足運賃が上がった為

取次店の経営が厳しくなっているのです

取次店は全国の書店とコンビニエンスストアに

本や雑誌を一律に届けているのですが

雑誌離れが進みコンビニでの売り上げが

大幅に落ち込んでいるのです

スマートフォンやインターネット書店の台頭で

コンビニで情報誌や漫画雑誌を購入していた

人が大幅に離れて行っているのが現状です。

出版物流の効率悪化だからと言って値上げも

厳しく、このような状況で取次店も

新たな収益源を見つけて総合的に書店を支援す

努力をする必要性が出ている

又、ネット書店が便利になっても街の本屋さんは

未知の一冊との出会いを生むと同時に

地域のにぎわいを作る

機能があり、コンビニも気軽に読み物に

触れられる環境は活字文化の底上げにつながる

出版流通の改善策を検討する時期に

来ているのではないか

とも書かれていました

紙の書籍や雑誌、電子書籍の推定販売金額と全国の書店数

  IMG_4071.JPG
書店もかなり厳しい状況に置かれており

出版社としても独自に書店の取り分

増やすような動きも出てきている

ようだが書店も色々努力しなければいけない

時期ではないだろうかとも書かれていた

どの業界にも言えるけれど、時代に沿った動きを

どう見極めるかが一番の得策ではないだろうか?

これが一番難しい所で上手く時代の流れを読んで

いる経営者は業績を伸ばしており読む事が

出来ない人はどんどん衰退していくと言うのが

どうも実態のようですねえ

私のような部外者は、いくらでも好きな事が

言えますが、、、、

今日のブログはこんな感じになってしまいました

尚、腹帯の件ですが、昨日腹帯を外して寝ました

着用した後が付いていて、それが痒いの痒く

ないのってたまりませんでした。

かゆみ止めの薬を付けましたが、でも、

外すと何かフニャとなる感じで

装着してた方がシャキッとするのは

事実です。兎に角1っか月してみます

今日も読んで頂き有難うございました

posted by アクティブシニア70 at 09:36Comment(0)日記