日本人の平均寿命2017年女性87.26歳 男性81.09歳

男女とも過去最高を更新したんだって


世界的に女性は三年連続2位

男性は3位だって

では1位はどこ?って気になるよねえ

1位は男女とも香港だそうだ

香港は世界一の長寿都市になったのか?

詳しくはクリックしてください


「医食同源」の考え方が生活の隅々にまで

浸透していて香港の人々は

「身体にいい食べ物」常に意識的に

食べている

グルメ大国・香港だが、意外にも

食事は豪華でおいしければいい、というわけ

ではなく食事で病気を予防するという

意識が強い

香港は100軒近い漢方店があり香港では

「普通の人々」がこうした店に頻繁に

出入りしている

香港の人々は夏でも冷たい飲み物は

ほとんど飲まない「冷たいものは身体を

冷やすので健康によくない」

といわれているからだ

香港の老人の行動に共通しているのは

「適度な運動」

「コミュニケーション」「ストレス発散」

そして何といっても大事なのは

「コミュニティ」が存在することだ

香港政府は2000年から健康促進プロジェクト

行ってきた。

老人が運動できる公共施設や体育館を

増やしたり禁煙運動を行っている

それ以外にも老人に対しても手厚い制度

詳しくは下をクリックしてください


良く中国の人や香港の人が公園で太極拳を

しているのを良くテレビで拝見するが

これも健康の為だろう

日頃から健康に心掛けて努力する事が

結果として表れている

良い事は素直に見習う事が必要と感じました

私を含めて皆さんも日頃から健康に注意を

もっともっと払いましょう

今日も又読んで頂き有難うございました






続きを読む

posted by アクティブシニア70 at 11:58Comment(0)情報共有

大変な一日

朝1番から3歳の女の子の孫が風邪みたいと言う事で

一緒に病院に連れて行き、ちょっとした

エピソードが有り一昨日一日私と暑い中

外で遊ぶと言うので外で遊んでいて

その夜から何か体が熱いと感じ体温を測ったら

38度位に上がっていて、ちょとグタッと

なっていたので熱中症化もとか思って

夜中救急病院に両親が連れて行った時は

元気になっており、医者が何でこんな元気

なのに連れて来るのって顔をされたって

聞いたので、多少怒りを覚えた。翌日

朝1番に病院に連れて行ったのだけど

熱中症ではなく、ちょっとした風邪だと

言う事で安心した。熱中症で熱が

出ると重症の部類に入ると言われた

夕方まで孫の家でママ事セットで

遊び夕方迄いて帰宅してユタッとしていたら

19時半位に親戚の叔母さんのお友達から電話が入り

叔母さんに何度も電話するけれど、応答がないので

何か有ったのではないだろうかと言う事で

こちらからも電話するが出ない

叔母さんの後見人に私が成っているので

高速を、ぶっ飛ばして行った所、叔母さんは

どうしたのって顔で出て来たので

事情を話して電話機のテストを

すると異常なし。どうも部屋を閉め切って

テレビを見ていたので、どうも聞こえなかった

見たいで、ふっと力が抜けてしまって安心した

で又高速で帰宅途中に私の長男から電話が入り

2歳の男の子の孫が

手が外れたみたいで自分は夜勤で出社しているので

行ってくれないかと言う内容で嫁さんの

電話番号を知らないので私の次女に電話をさせ

内容を聞かせたら、筋を多少痛めてたようで

もう大丈夫との事だった。

慌てふためいてラインで全部電話してたけど重複したり

車のブルートゥースが上手く働かず電話も上手く

掛ける事が出来なかったり

この日は散々の一日だった。

まあ、兎に角、何もなかった事に感謝感謝の一日でした

posted by アクティブシニア70 at 08:58Comment(0)情報共有

暑い夏を乗り切るコツ

毎日猛暑が続いておりますが

睡眠が充分取れていますか

間違った解釈をしていた事が有りました

健康の為にエアコンを切って寝たり、扇風機を固定で

回していたり、夜中トイレに行く回数が増える為に

水分を控えたりしている方が多く見られますが

これらは間違いです

一つずつ説明いたしましょう

1.健康の為にエアコンを切って寝る

これは危険ですです。

寝付いてからの3時間は付けておくべきです。その訳は

睡眠の前半には「ノンレム睡眠」という

主に脳の睡眠が多く現れます

特に、寝ついてからの3時間ほどには

深いノンレム睡眠が集中していて

脳の休息に大事な役割を担っています

ですから、眠ってからの3時間は

しっかりエアコンを使って

寝室を理想の温度・湿度に保つべきです

寝付ついて3時間程でクーラーを切り
 
目覚める前の30分~1時間くらいに

エアコンがつくように設定するのが理想

2.扇風機を固定で回す

首振りせずに扇風機を使うと、体の1カ所だけに

風が当たり冷え過ぎてしまいます。

筋肉が冷え過ぎると、夜中にこむら返りや

ケイレンが起こったり目覚めた後にだるさや

倦怠(けんたい)感を感じたりします

睡眠の目的の1つが
脳のクールダウンです

そのために頭部の皮膚を通して脳を冷やすというのは

理にかなっています。実験でも、頭を集中的に

冷やすことで、睡眠が改善することが分かっています

理想的には、体に直接風を当てず体の上空に

風を送って、空気をかき混ぜるようにすると

体への負担が少なくなります

3.夜中トイレに行く回数が増える為に水分を控える

「夜に水分を控える」と、心筋梗塞や脳卒中での

死亡リスクも有ります。よって眠る前に500mL以上の

水分をとるようにしましょう。

睡眠中にも汗をかきます。汗を自覚しない状態でも、

一晩でコップ1杯ほどの汗が出ています

これが熱帯夜になると、一晩で500~1000mLも

汗をかくことも珍しくないのです

早朝には血液が濃くなっているので

心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まってしまいます

夕方から眠る少し前までにかけて

ゆっくりと水分を補給する事をお薦めします

  MSNライフスタイル

熱帯夜の危険な眠り方と正しい快眠法

から抜粋させて頂きました

https://www.msn.com/ja-jp?ocid=MIE9HMPG

読んで頂き有難うございました




  

 









posted by アクティブシニア70 at 09:00Comment(0)情報共有