夏場に多い脳梗塞 

毎日暑さでグッタリしている方も多いのでは ないでしょうか 熱中症対策も必要なのですが、どうも脳梗塞も 夏に起きる事が多いそうです 一番の要因は脱水、暑さでたくさんの汗を かくと血液中の水分量が不足し、粘り気のある ドロドロとした状態になって、血栓ができ やすくなる脱水による血圧低下も、脳への 血流を滞らしい やはり夏の脳梗塞を防ぐには、こまめな 水分補給が矢張り必要なようだ 脳梗塞とは脳の血管に血栓(血液の塊) が詰まり血流が途絶えることで脳の組織が 死んでいく病気で6月から増え始めて 8月に最も多くなるので注意が必要との事 脳梗塞の兆しとして 1.顔が、ゆがみ、片方が下がる 2.片方の腕が上がらない、力が入らない 3.言葉では、ろれつが回らない、言葉が出ない 1つでも当てはまれば、直ぐに救急車を呼ぶ事 脳梗塞は発症から時間がたつほど 半身のまひや言語障害などの重篤な後遺症を 残しやすく、命を落とすこともある ただし、4.5時間以内に血栓を溶かす治療や 8時間以内に血栓を機械的に取り除く 治療ができれば症状が改善する可能性も 残るとの事ですから、急ぐ事が必要なのです 高齢者の場合は、どの渇きを感じにくく 脱水状態に陥りやすい夜間のトイレを 避けようと水分摂取を控える傾向もあるので 特に注意をする必要あり 夏は日中は…

続きを読む