認知症の心得

読売新聞の中で時代の証言者と言う欄で

実際に認知症と診断された方が書かれて

おられます。実はご自身は医師です

経歴は

昭和4年、愛知県春日井市生まれ
東京慈恵会医科大学を卒業後
同大学精神神経科で41年から
老年精神医学に携わる
48年に聖マリアンナ医科大学
神経精神科の初代教授に就任
49年、「長谷川式簡易知能評価スケール」
を発表平成12年、
高齢者痴呆介護研究・研修東京センター
(現・認知症介護研究・研修東京センター)
センター長に16年の
国際アルツハイマー病協会国際会議では
組織委員長を務めた
現在は認知症介護研究・研修東京センター
名誉センター長をさえている方です

記事を読ませて頂きまして認知症の方と接する

時の心得を書いておられました

まず、相手の話をよく聴いてください

自分から「こうしましょう」こうしたら如何?」

って決めてしまう人がいますけれど

認知症の方は、戸惑い混乱して

自分の思っていたことが言えなくなる

その人が話すまで、待って注意深く聴いて

欲しいっておっしゃられています

認知症でない方でも、お年寄りや

小さなお子さんに対しても言える事では

ないでしょうか?

また、こうも言っておられます

話しかける際には、遠すぎず、近すぎず

1メートルの距離ぐらいで話しかけて

もらうのが丁度良いと又目線の高さも

同じ高さで眼と眼を合わせて話しかけて

ほしいっておっしゃってます

私にも93歳の母が今施設で生活しておりますが

幸いにも認知症にはなっていないのですが

今迄、母と話す時、コチラからドンドン

一方的に話して何でも進めていたなあって

とても反省しております。母以外でも

お年寄りに対して、こちらのペースで

話しておりましたねえ

この記事を拝見して、凄く反省させられ

ました。これからも読ませて頂きます

ご家族の方、ご親戚の方に

お年寄りの方が必ずおられます

是非、先生もおっしゃられていました

沢山の方が認知症の方と接する時に

心に留めて相手の事を良く聴いて

接して頂ける人が一人でも多くなれば

良いと思いました

私も今70歳ですが、他人事では有りません

ここ迄読んで頂き有難うございました


続きを読む

posted by アクティブシニア70 at 16:23Comment(0)感動した

長財布を持ってお金持ちになりたいと思う人必見

金持ちになりたければ長財布

ってよく聞く話、しかし、

そう言われてもねえって

思いませんか?

だって確証がないもの!!

そうですよねえ

世の中には色々長財布が

出回っておりますねえ。

良く聞くのはこの財布

持ってからお金が増えたとか

ギャンブルが上手くいったとか

こんな話、うんざりする程

聞きませんか?

もし、もしですよ。

これが半ば事実だと

すれば凄いと思いませんんか?

さあ実際はどうでしょうか?

私は昔、自分の干支の長財布を買った事が

有りますが、何にも起こりませんでした

しかし、結構評判が良いみたいですが

関心のある方はクリックして見てください

posted by アクティブシニア70 at 15:43Comment(0)情報共有

一番美味しいハイボールはこれだあ!!

1937年の発売以来、揺るぎない

地位を誇るバランタイン17年は

スコットランド各地の

モルト原酒とグレーン原酒を

40種類以上ブレンドした

スコッチウイスキーの

名門ブランドです

酒齢17年以上の長期熟成原酒が

織りなす奥行きの深い気品ある

香りと繊細で複雑な味わいが

多くのウイスキーファンを

魅了し続けています

色合いは美しい琥珀色

香りは :バニラ香、樽香、

     バランスの取れた

     深く気品のある香り

味わいはクリーミーで蜂蜜の
     ような甘美さの中にも
     オーク樽とピート香の
     スモーキーさも
     感じられる
     複雑で力強い味わい

フィニッシュ長い余韻
       かすかな
       スモーキー
       とバニラ香
       潮の香り
40種類以上ものモルト・グレーン原酒をブレンドして
つくられるバランタイン17年

ハイボールとして今や人気上昇中

ハイボールとは

ハイボール = ウイスキーのソーダ割りのこと


語源は諸説あるが、一番有力なのは

スコットランドのゴルフ場で当時珍しかったウイスキーのソーダ割りを飲んでいた人のところに

高々と打ちあげられた

ゴルフ・ボールが飛び込んできて

「これがハイボールだ」

と言ったことに由来するカクテル名


又こんな話も有りますよ

バランタインとゴルフには深い繋がりがある

共にスコットランドが発祥で

紳士に愛されるウイスキーとスポーツである

北国の肌寒い気候の中、プレーするには

身体をカッと熱くさせてくれる

スコッチウイスキーが必要とされた

あるスコットランド人がプレーの際

ボトルを持参し1ホール終わる度に

1.5オンスのスコッチを飲用し

18ホールを終了したところで

ボトル1本が空になった。 それで

ゴルフが18ホールになったという

一説もあるようです

何と愉快な話では有りませんか?

では一つ、美味しい飲み方を伝授いたしましょう

スコッチハイボール

1.グラスに氷をいっぱい入れます

2.ウイスキーを注ぎ、マドラーでよく混ぜ

 グラスを冷やし、溶けた分の氷を足します

3.冷えたソーダを注ぎいれ軽くかき混ぜます

おいしさのポイント

炭酸ガスが逃げないようマドラーで

タテに1回混ぜます

比率はウイスキー1に対して

ソーダ3~4がおすすめです

レモンピール(レモンの皮)で香りづけをすると

ソーダ割りの爽快感がいっそう引き立ちます

如何です?

もう飲みたくなりませんか?

暑い暑いこの夏の夕方、ゆたーとした気持ちで

グラスを傾けてみては如何でしょうか?




posted by アクティブシニア70 at 15:11Comment(0)情報共有