子供の熱中症対策を万全にしよう

台風が過ぎると又暑さが

増してきたような気がする

特に子供さんの熱中症には

特に気を付けなければいけない

海水浴やプールなので簡易テント

を張っている人が最近増えて来ているが

持って行く目的は暑さから逃げる

少しでも日陰を作るのが目的だけど

実際の猛暑の中でのテントの中は

40度以上
になっているようだ

小さいお子さんを寝かせている方を

多く見かけるが最新の注意が必要

子供は体温の調節機能が発達していない

環境の温度変化に影響されやすく

汗をかく能力が低いので熱中症になりやすい

乳幼児の場合は、常に大量の水分を必要としますが

暑くても自分で水分を補給することや

服を脱いで調整することができないため

熱中症のリスクが高まるようです

そこで子供の熱中症対策は

普段から栄養バランスの取れた食事と
十分な睡眠で、体力づくりが必要

赤い顔や汗を頻繁に書いている時は
日陰で休ませる事

こまめな水分補給をする事
麦茶やスポーツドリンク、牛乳、経口補水液

*利尿作用がある緑茶は駄目
水分補給をしても摂取した以上に水分が
失われる可能性があるので注意してください


又日頃から暑さに慣れさせて置く事も重要

服装も帽子は勿論、衣服にも速乾性の
高いインナーがおすすめです


グッツとしては

冷感タオル、冷却スプレー、湿温時計

特に湿温時計はテントの中には必ず置く事

赤ちゃんからの熱中症サイン

頬が赤く、触ると熱い
元気がなく、ぐったりしている
母乳やミルクを飲む量がいつもより多い
オムツが乾いている。(尿の出が少ない

赤ちゃんが脱水症状の時は


水分補給に腸から吸収できる

イオン飲料が良いようで温度は10度位
が吸収されやすいようです

後一か月何としてでも、この夏を

乗り切っていきましょうね






posted by アクティブシニア70 at 11:41Comment(0)情報共有