上手な叱り方や、職場での怒り全般にどう対応するか

昔人間と言える私は今、70歳仕事はリタイヤしたが 若い時20歳代の時、だから50年前か トデイ制度と言う物が存在して今の若い人は 聞いた事が無いと思うが職人には親方弟子と 言う関係、ビシビシきたわれて、人には当てない のだけど、ステンレスの仕事してたので道具箱を 探していた、遅いと言ってハンマーやらスパナが 飛んできて、今で言うパワハラなんて関係ないって 感じで育てられましたねえ だから、その教育に耐えられたら一端の職人ですよ 根性も有りますよ。でも時代は変わって今は とんでもない事ですよねえ 今の若い方は「叱る」にとても臆病に なっている人が多いですねえ。 パワハラ、何とかハラでビクビクしてる しかし、特に部下を育てるには「叱る」事は 絶対必要不可欠であると思う。 只、「叱り方」をどういう風にするか と言う問題だけど、先ず職場に置いて 部下を持った場合、その上司が 本当に育てると言う 意識があるかどうか ある日突然何かの拍子で部下をもった。 仕方なく従ったと言う事では話にならない。 結構このような人の方が多いのでは ないだろうか?だから悩んでストレスが溜まり 鬱を発症したり、こういう事が起こらないように 部下を持つ時に自分の役割を明確にして 部下の育成をしながら自分も成長していく 良く部下を指導するうえで、彼に言っている のだけど言ったとおりにしてくれないっと言う 声を聞く事が有ります 指示通りしてくれないと言う事は 上司の言い方…

続きを読む