すべてのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているわけではない」という事実だ

近年、「腸活」なる言葉が、女性誌を中心に さまざまなメディアで取り上げられいます 「腸の調子を整える活動」という意味だが 腸は健康と密接につながっており、 言うまでもなく健康はビジネスパーソンにとっては 欠かせない資質ですよねえ。そして この腸活において重要な役割を 果たすのが、「ヨーグルト」なのです 腸活が今なぜ取り上げられるのか それは近年、「腸内フローラ」※の研究が 目覚ましく進んだことが一因です 腸内フローラが人の健康を大きく左右することが より具体的にわかってきている その中でも注目は 「ビフィズス菌」の入ったヨーグルト 「すべてのヨーグルトにビフィズス菌が 含まれているわけではない」 むしろ含まれているほうが実は少数派 ヨーグルトとは乳を乳酸菌で発酵させたもの それに対してビフィズス菌は乳酸菌とは まったく別種のもの ビフィズス菌は酸や酸素に弱いため 取り扱いが難しくヨーグルトに入れて 生きたままお客さまに届けるには 大変な労力とノウハウが必要です では、なぜ苦労をしてまでヨーグルトに ビフィズス菌を加えるのか? 「人間のカラダの中では、 身体に有用な働きをする“善玉菌”と 有害な働きをする“悪玉菌”が せめぎ合っています 実は大腸内の善玉菌のほとんどが 乳酸菌ではなくビフィズス菌で その割合は99.9%対0.1%です だからビフィズス菌入りヨーグルトを食べて 腸内のビフィズス菌を増やすことで 腸内が善玉菌有利とな…

続きを読む