糖質制限と老化

糖質をとると身体に悪い 糖質を食べると血糖値が上がります 三大栄養素(脂肪、タンパク質、糖質)のうち 血糖値を直接上げるのは糖質だけなのです そして、糖質摂取で血糖値が上がると インスリンの分泌も増えます 糖質摂取による食後の高血糖も インスリンの過剰も、活性酸素を増加させ ともに酸化ストレスを増してしまうので、 人の身体によくないのです 酸化ストレスとは、わかりやすく言えば 「身体がさびること」です がん、動脈硬化などの元凶となる酸化ストレス 年齢が上になればなるほど酸化ストレスに 対応する力が弱くなる 皮膚の糖化度を測定すると 老化の具合がよくわかります 皮膚の糖化度が高いと しわが多くなり明らかに 艶(つや)がなくなりますが これは皮膚が老化しているからで 50代から糖質制限を始めれば 早いうちに老化を止められる 糖質オフ商品群 クリックしてご覧ください 50代から糖質制限を始めれば 早いうちに老化を止められます!!

続きを読む