睡眠の悩み「ある」が7割

睡眠の悩み[ある]が7割

結構いるもんだねえ!!

幸いに私は今迄に睡眠で悩んだ事はないなあ

大体、今は23時に睡眠夜中1回トイレで起き

朝は6時には起きるなあ

これの繰り返し。出来るだけ

うつ伏せで寝てる

何故かって何かテレビで見たような気がする

うつ伏せが良いって。

聖路加国際病院名誉院長の日野原重明先生も

実践されているくらい健康維持促進の面で効果が

期待されている健康方法

うつ伏せで寝ることを、医療用語で

「腹臥位療法(ふくがいりょうほう)」と言います

うつ伏せは気道が確保されるため、

いびきや睡眠時無呼吸症候群の人にとっては

最適な姿勢だということです。さらに

うつ伏せは物理的な効果だけではなく

(1)大脳機能の活性化やリラクゼーション効果の示唆

(2)筋緊張のバランスを整えて、呼吸の問題を
 改善できる

という効果があることも判明しました

うつ伏せで寝ると手の平からの刺激も

加わることから仰向けの時よりも

多く刺激を感知して自身に

伝えることができ、大脳の活性化に

有効であると考えられます

しかし、中々うつ伏せに寝るって

最初は寝にくいよ今でも正直

完全に征服していないのだけど

でも最初は、うつ伏せで寝ていても

寝返りをするので起きた時は

横とかで目が覚めるけれど、まあ

こんな感じで良いのではないだろうか?

余り気にしないで良かれと思って

実行してるけれど

是非、興味を持たれた方は

うつ伏せ寝を実行して見てください

何でもやって見る事に意義があり、合わなきゃ

止めればよい。それだけの事だから!!

https://plaza.rakuten.co.jp/base0376/



posted by アクティブシニア70 at 09:47Comment(0)健康

どこも、ここも風邪の声が出て来ております

風邪のほとんどはウイルスが原因

これ既に皆さんご存知だと思いますが

ウイルス性のものに抗菌薬ng>を投与しても

抗生物質と言っている

お医者さんもおられるようですが

抗生物質の方が馴染みが深いですねえ

何の効果がないんですって!!

患者さんが欲しがるので、併発する

咽頭炎や扁桃炎などの炎症の

診療報酬名をつけて処方して

しまっていることもあると聞きます


これからの時期流行するインフルエンザ

実は、米国の疾病予防管理センターでは

子どもと高齢者(5歳以下と65歳以上)、

肺や心臓などに持病がある人以外では

抗インフルエンザ薬の使用を推奨していない

ことをご存じだろうか。もちろん重症者には

使用するべきとされているが、一般的な成人に

対して抗インフルエンザ薬は

あまり必要ないのではといわれてきているそうです

「薬を飲んだところでウイルスを体外に出す時間が

短くなるというデータはありません

高熱で体調に負担はありますが、薬の効果に

よって発熱がおさまるのが半日から1日ほど早まる

といわれています(※2)解熱剤を飲めば

たしかに高熱の時間は短くなりますが

診察所に行って2時間待って診てもらって

解熱剤をもらうより、家で安静にしていたほうが

いい場合もある。熱が酷いだけなら

市販薬で十分だそうですよ

「インフルエンザは高熱と関節の痛みという

自覚症状がはっきりしているので

流行する時期には診察を受けなくても8割くらいの

精度で自己判断が正しいというデータがあります

外出、出勤は気になるところでしょうが

基本的には家で休んで、解熱してから

2日経つまで待てばいい。

医師が教える"絶対に風邪をひかない方法"

「風邪は体力の低下と風邪ウイルスとの

接触の二つによって引き起こされます

不規則な生活リズムや栄養バランスの悪い食生活

継続的なストレスや睡眠不足は

風邪への抵抗力を低下させます

そんなときに風邪ウイルスの感染経路に

接触すると、風邪をひくリスクは増大します

より詳しくは下記ホームページをどうぞ!!
https://president.jp/articles/-/26928?cx_referrertype=yahoo&yhref=20181228-00027136-president-life

インフルエンザの効果的な予防法は?

できる限りワクチンを打つことです

ワクチンの効果が出るまでに2~4週間かかるので

早めの接種をおすすめします

家庭内での感染を防ぐため、家族全員が

接種するのが望ましいようですよ

風邪を引かないよう万全な注意を施しましょう


風邪.png

https://plaza.rakuten.co.jp/base0376/
posted by アクティブシニア70 at 18:18Comment(0)健康

オレンジジュースと認知症予防の関係!!

健康を維持する為には運動が欠かせないのは

既にご理解いただけていると思いますが

先ず足腰を丈夫にする為の簡単な方法が

有ります。踏み台のような物に足を乗せて

乗ったり下りたりする事で全身持久力

筋力・筋持久力、バランス能力を向上

させる事が出来ます。これを毎日続けてください

これを 踏み台昇降運動と言われています

踏み台を昇るときには腸腰筋、大腿四頭筋

大臀筋、降りるときにはハムストリングスが使われ

下肢の主要な大筋群を鍛えることができます

また昇り降りの際に片足立ちの局面があるため

下肢筋群だけでなく全身的なバランス能力の

向上にも効果が期待できます

筋力やバランス能力のほかにも

一定時間くり返し行うことで

筋持久力の向上にも効果があります
詳しくはこのHPをご覧ください
https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/tairyoku-kiki/fumidai.html

最近、認知症と言う事がを良く聞きますが

認知症予防にオレンジジュースが

効く可能性があるそうですよ

毎日飲むとリスクが50%下がる研究結果も

あるそうです

男性の場合、「軽くコップ1杯のオレンジジュースを

毎日飲み続ければ、認知症のリスクが50%下がる」

という研究結果がこのほど発表されたようですよ

詳しくは下記のHPをご覧ください
https://toyokeizai.net/articles/-/256831
但し、果糖には注意だそうです
https://plaza.rakuten.co.jp/base0376/





posted by アクティブシニア70 at 11:40Comment(0)健康