子どもの遠視は放って置かない事

時々、幼稚園とかで眼鏡を掛けている

お子さんを見ますが、うちの孫も眼鏡

を掛けております。遠視です!!

本日の読売新聞の安心の設計の欄に

子どもの遠視は放っておくと、弱視

になるなどの視力に問題を生じる

恐れがあると書いて有ったの記事が

私の眼を止めました

遠視は早期発見・治療が大切のようです

幸い私の孫も3歳児健診で判ったのでは

ないかと思いますが今5歳で眼鏡を2回

替えております。学校に行く迄に眼鏡が

取れたら良いなあって願っておりますが

この記事に寄りますと遠視は先天的なもの

で、そのままにしておくと眼鏡でも視力

を矯正出来ない「弱視」や目が内側による

「調整性内斜視」につながると書いて

ありました。遠視の場合は子供が見えにく

そうなそぶりを見せる事が少ないので中々

保護者が気づく事が難しいそうだ。うちの

孫の時もそうだった。遠視と告げられて

「えええ」って感じだと言ってましたねえ

視力の発達は6歳頃で完成し、それを過ぎると

治療の効果は出にくくなるみたいです

手続きをすれば8歳以下には公的医療保険が

適用され、自己負担分を補助する自治体も

あるようですのでお近くの自治体に聞かれる

のも良いと思います。私も孫の両親に

早速伝えて挙げようと思っています

尚、軽度の遠視では成長と共に眼鏡が

不要になることもあるが、中等度以上では

づっと掛け続けなければならないと書いて有り

外させたい親もいるが、弱視や斜視の

治療のためには絶対に眼鏡は必要なものって

これも多少不安要素になってきました!!

出来れが学校に上がるまでに眼鏡が外れますように

願うしかないのかなあって思っているのが現実です

posted by アクティブシニア70 at 07:32Comment(0)健康