人生100年時代の生き方

ウオーキング.jpg
未病と言う言葉をご存知でしょか?

私も初めて聞く言葉でした

具体的な例で言いますと

健康診断の数値を見て健康に気を

配りながら暮らすとか、年を重ねる

事で身体や認知の機能が低下した状態

などが未病に当たります。一方で

たとえば、癌や脳梗塞などの病気に

かかり、治療後に生活復帰した状態も

未病です。

神奈川県立保健福祉大学理事長の

大谷泰夫氏が新聞のオープニングトークに

書かれていました

人生100年時代に未病と言う考え方を

取り入れる事で不摂生な生活習慣を変え

薬に依存する生活から適切な食生活と

運動習慣でもっと健康で長生きする

暮らしに転換する事が出来るとも

書かれております

改めに言いなおしますと

未病とは健康な状態と病気の間が交錯し

共生する領域を指す新しい考え方

なのです

生涯現役時代に対応する新しい考え方が

未病なのです

未病の状態でより質の良い生活をする為には

栄養バランスが取れた食事と適度な運動

質の良い睡眠と最後に社会参加が欠かせない

と言われてます

健康になる為には、まずはお腹の免疫から

健康になる事が大事なのです

全国に100歳以上の長寿の高齢者の方が

約7万人おられるのですが、腸内細菌と

生活習慣を調べた結果があるのだそうです

その結果は一つは腸内にビフィルス菌が

多い方が多い事、続いては発酵食品を

良く食べている。食物繊維をよく取っている

最後に例えば畑仕事などで良く体を動かしている

方が多いという調査結果です

私も人生100年時代に向かって未病と言う考え方

を取り組んで健康を維持して行こうと思います







posted by アクティブシニア70 at 07:12Comment(0)健康