「あらゆる病気の根源は、腸内細菌にあり」

「あらゆる病気の根源は、腸内細菌にあり」

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患を

はじめ、肥満症や糖尿病、自閉症、パーキンソン病

など腸内細菌との関連性を示す研究報告が

増えてきております

以前から、腸内細菌の働きが体の免疫機能と関係

することはよく知られていました

腸は我々が寝ている間も休みなく働いてくれて

いるのです。世間で盛んに言われている

働き改革なんかとは全く関係せず休む暇なく

働いてくれているです

腸には免疫機能が備わっているので

外部から侵入した細菌やウイルスなどの異物を

撃退し、私たちの体をしっかり守って

くれるんですね

その大事な腸で最近大腸がんを発症する人達が

増えている事をご存知でしょうか?

女性では、死因の第1位、男性でも肺がん

胃がんに次いで第3位

その背景にはまず、肉類を食べる人が増える一方で

野菜を摂る人が減るなど、食生活の変化が

あるようです。それと精神的なストレスや

運動不足が重なってきてる点も見逃しては

いけません。肉を頻繁に食べ

食物繊維の少ない食生活や運動不足が続けば

大腸がんのリスクは高くなると言う報告も

挙がって来ているようです

腸内細菌の中には皆さん良くご存知の

善玉細菌と悪玉細菌が存在します

もう一つ有ります。良い働きも悪い働きも

する日和見(ひよりみ)菌の三種類が存在するのです

善玉細菌には「乳酸菌」や「ビフィズス菌」

が良く知られていますね

健康な人はこの3種類の割合は

おおまかにいって善玉菌20%、悪玉菌10%

日和見菌70%の割合で構成されています

善玉菌が多く、悪玉菌が少なければ、病気には

なりにくいのですが、このバランスが崩れ

善玉菌が減って、悪玉菌が多くなると、病気に

罹り(かか)やすくなります

もともと、便をつくるのが大腸の仕事ですが

悪玉菌は便のもととなる食べカスを腐敗させ

有害物質をつくり、これが腸壁や血液を介して

全身を回り、いろんな病気を

引き起こす、といわれています

腸も、ほかの臓器と同じように加齢に伴って

老化していきます。腸の老化、詰り腸の機能が

落ちて来ると言う事なのですが、それ以上に

重視しないといけない事は腸内細菌のバランスが

年齢とともに変わっていくことなのです

年を取ると善玉菌が減り、悪玉菌が増えていく

傾向がある、といわれています

悪玉菌が増えれば、腸に有害な腐敗物質が溜まり

それが腸管から吸収されて腸の働きがさらに

悪くなるという悪循環に陥ります

特に50歳を過ぎたころから、いろんな病気に

罹(かか)りやすくなるのは、腸内環境が

悪化することで、腸内細菌の構成パターンが

大きく変わるのも一因と考えられるのです

ココ迄読まれて腸が如何に大事な臓器であると

言う事がお判りいただけたと思います

そこで腸内環境、腸の若返りをする為には

どうしたら良いのでしょうか?

ここからが本題になるのですが

オリゴ糖ってご存知でしょうか?

オリゴ糖と腸内環境の関係 

実は凄い関係なのです!!

今、注目されているのが甘酒なのです

最近、健康と美容の為に飲んでいる方が

多いようで注目されているのですが

甘酒にはオリゴ糖が含まれているのです

オリゴ糖の役割

腸内のビフィズス菌や乳酸菌のえさになるのです

詰りえさになりながらビフィズス菌や乳酸菌を

増やします。増えていくと!!

どうなりますか?

善玉菌が乳酸や酢酸を出して腸を刺激しますから

便秘の改善をサポートしてくれるのです

当然、便秘が改善すれば、肌荒れ対策

美肌に繋がりませんか?つながりますよねえ

肌荒れでご苦労されている方には、持って来い

って言えるのではないでしょうか?

その他、甘酒に肉に一晩漬けて置くと肉が美味しく

なります。又甘酒をよりおいしく頂く為に

極簡単な方法が有ります。それはヨーグルトに

かけて食べる事なのです菌と菌の餌の両方を

取る事が出来ますし、牛乳や豆乳で割る事でも

たんぱく質と必須アミノ酸の含有量が上がり

栄養面からみても素晴らしい物なのです甘酒は!!

中でも人々の間で「飲む点滴」呼ばれて

様々な甘酒研究の成果から「飲む美容液」とも

呼ばれるようになったのが米糀甘酒です

甘酒を未だ飲まれていない方も

今、すでに飲まれている方も是非

この米麹甘酒を試して見ませんか?

甘酒で腸内環境を整えませんか?

又腸内環境を整えるのは食べ物だけでは無く

おなかを常に冷やさない事が重要ですから

水分はなるべく常温で飲む

カラダの熱は筋肉でつくられていますので

腹筋などインナーマッスルを鍛える運動が効果的

朝の眼覚め腸活マッサージが効果を

発揮するようです

「腸活マッサージの仕方」

「仰向けに横たわった状態で、おへその上に

両手を重ねる。おへそから「の」の字を

書くようにゆっくりとさすってください

腸は上側から上行結腸があり、その横に横行結腸

その横に下行結腸があって直腸につながるという

形なので、「の」の字を書くことでその順番に

マッサージすることができ、腸のぜん動運動を

促すことができます。血流アップになるので

おなかの冷えにもいいですよ。」

腸環境の状態を見る方法は何だと思いますか?

簡単です。肌の張りや色、つやを見る事です

腸内環境の状態をてきめんに反映していますので

毎日鏡で確認して見ては如何でしょうか?

腸が老化することの最大の原因は

腸内細菌が生命活動に不可欠な体内酵素を

十分につくりだせなくなり、細胞の代謝が

悪くなってしまう点にあります。

この細胞の健康を損なう最大の敵が活性酸素です

体と脳をサビさせる悪者と言っても良いでしょう

しかし、良くしたもので体と脳をサビから守って

くれる酵素があるのです

それが抗酸化酵素なのです

この抗酸化酵素は活性酸素を酸素と過酸化水素

分解し、中和する役割を持っております

体内で抗酸化酵素が産生されれば、細胞を

若く元気な状態に保つことができるというわけです

抗酸化酵素の主成分はたんぱく質で出来ています

良質のたんぱく質の一番は卵なのです

卵は抗酸化酵素の主成分となり得ることは

もちろん、銅や亜鉛といったミネラル分も

含まれる最良のタンパク質です

またビタミンEを再生するのに力を

貸しているのが、卵に含まれている

システイン。ほかにも卵の黄身に含まれる

コリンは頭脳を明快にする働きがあります

卵白に含まれるリゾチームはかぜの各種症状の

緩和に効果的です。また卵白に含まれる

オボアルブミンというタンパク質は

消化酵素に分解され、2種類のペプチドが

つくられます。このペプチドが

免疫力を高めるといわれています

さらに卵白のタンパク質そのものが

抗酸化力を持っていることも知られています




























posted by アクティブシニア70 at 12:02Comment(0)健康