貴方も骨を見直しませんか?

骨ってこんなにも素晴らしい役割を

してるんだって再認識しましたよ

体の器官って皮膚でも筋肉でも、傷ついたり

裂けたりしたら処置をすれば治るのですが

必ずと言って良い程傷跡が残りますよねえ

しかし、骨は折れて、うまくつながってしまえば

傷跡も残らないで完全に再生するのです

貴方は知っていましたか?

私も初めて知りましたよ

このような器官は骨だけらしいのです100%再生!!

しかも完全再生は年齢は関係ないのだそうです

確かに若い方の方が回復が早いのですが、高齢だと

しても骨を作り出す骨芽細胞と言う働きが活発に

なり骨は修復されるです。凄いですねえ!!

逆に骨を動かさなかったり、重量や負担が

掛からなくなったりすると骨が必要ないんだって

判断して骨芽細胞よりも骨を崩す破骨細胞の

働きの方が活発に働くように成り、徐々に

骨がもろく成って行くのです

貴方の周りにもおられませんか?

少し入院した位でも立ったり歩いたりに

多少困難になるケース!!

骨が弱くなってきている証拠なのです

骨を丈夫にする為には日頃から動かしたり

多少の負担を掛けたり事が必要なのです

ここで再確認しましょう!!

骨の役割は何でしょうか?

先ず一番に来るのは

体を支えるって言う事ですねえ

次に骨には臓器を保護する役割ももってます

柔らかい組織で出来ている脳ですが

頭蓋骨で保護されてますし、心臓や肺も

背骨、胸骨、肋骨からなる胸郭によって

守られていますよねえ

又、病気の根源は腸に有りって言われてる

腸も腸骨って言う骨で守られているのです

言わば、骨って縁の下の力持ちなのです

それとは別に骨は実は臓器としても大きな

役割を果たしてもいるのですよ

骨には、内部の骨髄で血液を出しており

体を病気から守るリンパ球や

ナチュラルキラー細胞といった免疫細胞

も骨の内部の骨髄で作られているのです

その他骨は全身に約60兆個あるといわれる

細胞に、カルシュムを供給していますし

主に骨はカルシュウムとコラーゲンで

出来ていますので自分のカルシュウムを放出し

体内のカルシュウム濃度の調整にも関与して

おり、最近では骨から分泌される

「オステオカルシン」と言うホルモンに

記憶力認知機能を向上させたり、生殖能力を

向上させたり、血糖値を下げ、全身の代謝を

活性化させたり、活性酸素を除去したりと

多くの若返り効果がある事も解かって来ております

ここまでで読んでこられて、いかに、骨が大事

であるか充分にお解り頂けたかと思います

最近では健康になる為に良く「筋トレ」

しようと言う事が推奨されていますよねえ

私もそう思っていましたし、実際に

私も自宅筋トレをしております

現実として筋トレが、かえって体を悪くしてしまう

と言う事実を初めて知りました!!

筋肉は年齢が上がると鍛えるほど硬くなってしまい

それによって関節の可動域が小さくなり、骨も動き

にくくなっていまうのです。よって筋肉が硬くなると

さまざまな体の不調が出て来ます

その中でも一番の問題は呼吸が浅くなると言う事です

腕、肩、胸、背中に筋肉を付けすぎると、骨と連動

する体の動きが硬くぎこちないものとなり、肋骨の

スムーズな拡張が妨げられ、呼吸が浅くなるのです

健康や身体能力が土台から崩れてしますのです

筋肉が元気で働ける寿命は精々50年ほどなのです

だから50歳過ぎてからの筋トレはダメージが自ずと

大きくなってくるのです。筋トレは加齢と共に

弾力になってくるので筋トレをすると

益々硬くなってくるのですが。多くの方は体の

衰えを感じると筋トレ筋トレって、しきりに

皆さん言っておられるのです

健康で動きやすい体を作るのは

筋肉では有りません!!

骨を強くしてください!!

骨を強くする為には

年齢は一切関係致しません!!

もっとも骨に負担を掛けて丈夫にする

方法をお教えいたします

超簡単「たたく」ことなのです

「骨をたたくと、骨が振動してそのバイブレーションが

骨の中まで伝わります。この刺激によって、

効果的に骨が育つのです。さらに、骨をたたくと

筋肉や腱、関節がゆるんで動きがよくなり、

骨格のゆがみが改善します

骨が強くなるだけでなく、ゆがみも改善するので

歩行が困難だった人も歩けるようになっていくのです

たたくだけなので、高齢の方でも簡単にできます

骨はたたくことで何歳からでも強くできるのです




posted by アクティブシニア70 at 11:50Comment(0)健康

ネットサーフィンって古い言葉だけど

ネットサーフィンって古い言葉だけど!!

今は殆ど使わないかなあ?

毎度の事ながらパソコンに遊んでもらっていたら

感動した記事を見つけました!!

私、71歳世間で言う高齢者です

18日に初めても高齢者講習とやらを

近くの自動車学校で受けて見ました

又、一段と高齢者なんだって自覚した

次第です。私は直ぐ感動するタイプで

涙もろいタイプなんですが、どういう訳か

風景とか見る物に関しては何も感動

しないのです。ううん!!こんなものかああ

って感じで自分の中では、見ろうと思えば

何回でも見れるからって言う気持ちが強いので

でも人や物事に関しては、直ぐ感動して

涙を流す場合はショッチュウ有ります

特に最近は孫の運動会、一生懸命に

踊っている姿を見て泣きそうになりました

来年、年長さんだから、最後の幼稚園

絶対、泣くなって今からユーツになっています

さて、話は大幅に逸れて私事に

なってしまいましたが

このホームページをご覧ください


涙がボロボロ出て自分の過去を思い出しました

私のような古い人間の時代はお産は家が殆どでした

赤ちゃんを取り上げてくれる産婆さんって専門の

人が居て、私もその人の手で

取りだしてもらったのですが

どうも取り出す時に左足を脱臼か

なんかしていたんでしょね

歩き出した時に歩き方が可笑しいと言う事を

母親が気づいて大きな病院に見せて

手術をしたのですが!!

2歳位だったのでしょうか?

結局、左足が正常な右足より5cm短くなり

小学校と時、私の歩き方をマネされて

良く蔭で泣いたものです

身体的には何もないので障害手続きもしないまま

今日に至っておりますが、ビッコを引く姿を

見せるのがイヤで、そのせいか

かなりの引っ込み思案になってしまいましたよ

71歳になる今でも人からの私の足を見る視線が

イヤですねえ,相手の眼が直ぐ足に眼がいくから

65歳位からですよ、あえて自分の足の事を

自分の口で言えるようになったのは

どおして、こんな足になったのか真の原因を

知ったのは3年前叔母さんから聞きました

母からは小さい時にヘソから黴菌が入って

なったのだと聞いていましたので

しかし、全く自分では気にしていないのですが

人からの眼とか真似で酷く傷ついた過去が

今でも消えなく残っていますねえ

こう言う事が有ったから「ないクソ精神」

で頑張って来たんで本当に今毎日が

幸せを感じております

子供3人孫5人、毎日毎日本当に

何不自由なく幸せを感じさせてもらって

いますよ

自分の事ばかりのブログになりましたが

これからもネットサーフィンを続けて

感動した事や書物が見つかれば

紹介したいと思っております











posted by アクティブシニア70 at 14:42Comment(0)健康

腰痛が日本人の国民病と言われているのを知ってますか?

2003年16年前の日本整形外科学会の調査

では男性の57%、女性の51%が治療が

必要な程の腰痛を経験しているとの事

2018ではどのような事になっているでしょうか?

腰痛の有病率は 38%(男性 34%,女性 39%)

この有病率から平成 22 年度国勢調査による性・年齢別

人口比率を用いて計算すると,わが国の

40 歳以上の人口のうち腰痛を有する人は

2,770 万人(男性 1,210 万人,女性 1,560 万人)と推定

また,腰痛と膝痛を合併している人の有病率は

12%(男性 11%,女性13%)であり人口比率を用いて

計算すると 680 万人(男性 280 万人,女性400万人)

が腰痛、膝痛を同時に自覚していると推測され

発生の因果関係は高齢、女性、肥満

影響因子として挙げられます。又職業がらみの

腰痛の頻度が、とても高く腰痛件数は介護関連で
一番多く5割から8割の方に腰痛経験が
あるのだそうです。良く解ります!!

医療保険業では横ばいだそうです

どうしても前かがみになる姿勢が増えますので

これが最大の原因なのですが実は前かがみを

取り続けますと腰のまわりにある背骨に

負担がかなり、掛かりますので腰痛の確立が

どうしても高くなります。その時は、一度

背伸びをして見ませんか?又同様に

⻑時間のデスクワークやスマートフォンの

操作でも同様に腰を痛めてしまいます

長く座ってたりすると一度背伸びを

してみませんか?

少しは楽になると思います。痛さを溜め込んで

しまいますと腰痛が重度化しますので!!

腰痛が発生する確率が高いのです

又腰痛を我慢しながらの作業では

重度化してきますので仕事やプライベート

の生活習慣にかなりの影響を及ぼしているのでは

ないでしょうか?

腰痛による業務遂行能力や労働生産性の低下を

金額に換算したところ、経済損失は

年間およそ3兆円に上ると試算されています

首周りの不調・肩こりによる損失も同様に

約3兆円に上るという


大げさに思いますか?

これが現実なのです!!

日頃から腰痛の予防法ってあるのでしょうか?

ご参考までに以前NHKのためしてガッテン

で提供されていましたよ



何でも、そうですが継続しなければ

何の意味も有りません!!

自分が小さい頃親から勉強しなさい、勉強しなさい

って良く言われたのですが、本人が自覚をしないと

全く勉強をしませんでした!!

あなたもこのような経験は有りませんでしたか?

正にそれと同じ事が言えるのではないでしょうか?


腰痛を防ぐための運動習慣、具体的には?

「エレベーターを使わず階段を使う」

「座りっぱなしの場合は、立ち上がって体を動かす」

日頃からの腰痛に対する心掛けを生活習慣の中で

取り入れて生きませんか?





posted by アクティブシニア70 at 12:35Comment(0)健康