喘息を発症して30年余り(6)

古い友人からの誘い!!

早速女房と一緒に彼の自宅に

伺い内容の詰めに入って承諾

する事にした。さて、仕事内容は

ステンレス製品の研磨と溶接だ

19歳の時に3年間位彼と同じ職場で

私は磨きと溶接、彼は図面、見積もり関連

の仕事をしていた。問題は私が何年も

ステンレスの溶接や磨きをしていないので

実際に出来るかとの多少の不安が有った

彼も疑心案偽な所も有ったのではと思う

実際に工場を持ちながらの作業工程

ステンレス鋼を扱うので一人では出来ず

息子が当時遊んでいたので手伝わせる

事で出発した。当面の資金がないので

彼から300万を工面してもらい工具とか

機械を買い、工場の敷金等を支払い出発した

不安で有った技術も何十年経っていても

体が覚えているようでスンナリ磨きも

溶接も出来た。その時年齢は53歳位?

友人が本当に良くしてくれ仕事もドシドシ

だしてくれていたので忙しくって夜10時位

になる事もシバシバ、日曜日も仕事だったり

お蔭で収入も安定し色々は生活をする上に

置いての計画も立てられるように

なって言った。やっと地獄から這い上がる

事が出来たと言う実感をお蔭で味合わさせて

貰った。本当に友人に感謝感謝だ!!

工場も順調に言っていたが息子が

手伝いを離れ、一人では出来ないので

社員も一人入れたがその社員も病気で

入院し工場では仕事が私一人では

出来ないようになり、友人と話して結果

工場を手放し、友人の会社で下請けと言う

事で面倒を見てもらえる事となった

今迄工場で使っていた機械類は彼の会社で

買い取ってもらい、彼からの借金の支払いに回

してもらった。彼の会社で研磨と溶接を継続

していたのだが、年には勝てず溶接の先は

老眼で見えにくくなり研磨が主体となって

いった。喘息の方もストレスもなく気持ちも

安定して来たので穏やかになり1年の間では

喘息季節だけ病院に行くからねん2回程

出向き、気管支拡張剤と飲み薬を

もらうと言う形で最初だけ使用したが

直ぐに発作も出なくなるので

薬と拡張剤は最初の内だけ使用した位かな?

喘息=ストレスと言う方程式???

ステンレスの磨きには、色々な種類の製品が

有り、手すり、ながし台、建築金物

でも毎日、研磨が出るわけではなく

雑用的な事もやっていた。ある時

顧客から、こう言う声が

出て来たのも、この時期からであった

ステンレスを溶接した時高温の熱を当てて

溶接するのでステンレスが黄色変色する

この黄色に変色するのが美的に

みっともないので黄色の色

消してほしいとの要望が出て来た

消す方法として考えられているのは「酸洗い」

と言う作業だ。酸を使用して電気で黄色に

変色した個所を白くする事が出来る画期的な

方法を営業が探し出して来て、その機械と

材料を業者から購入して「酸洗い」と言う

作業がこの頃から主な仕事になって来た

結構、やりだすと楽しくって、ステンレスの

加工の会社だから溶接は殆ど毎日有り酸洗いも

毎日出るので、ホント忙しくて!!

間にステンレスの研磨作業有り!!

自宅から彼の会社まで車で1時間半掛かるが

全く苦にならなかった。彼のお蔭で収入も安定

したし、彼からの借金も私への支払いから

毎月天引きしてくれて10年位で

返し終わったよ

彼もステンレスの会社を興して今年で

40周年を迎えるのかな?

従業員は30名位?私は彼の会社に70歳迄

仕事をさせてもらった

15年位お世話になったのかな?

本当に良い友達を持てた事に感謝しているし

これからも彼とは良い関係を継続していく

今思えば彼が手を差し伸べてくれなかったら

今の私はいないかも知れない!!

今では毎日毎日幸せに暮らさせてもらっている

今の目標は100歳まで健康寿命を

延ばして残り少ない人生を

楽しく生きて行きたいと言う事で

もう既に1年前から実行に

移しているのです。そしていつも

私の師匠はYou Tube!!なのですよ

何でも動画で教えてくれる

一番最初に始めた事は「ファステイング」です

次回はこの「ファスティング」からお話を

始めたいと思います
posted by アクティブシニア70 at 09:47Comment(0)健康