加齢を恐れても仕方ない!!

お早うございます


健康マニアです


風邪を引かれていませんか?


2025年に団塊世代が75歳


になる事でって話題が最近良く


出て来ますよねえ


ハイ、正に私も団塊世代の今年72歳


なるのですが。問題は医療費の増大


これを何とかしないと若い人達への負担が


益々増えて大変だ。だから高齢者と


呼ばれている65歳以上の人が


真剣に如何にして病院に掛からないで


健康維持を維持する事が出来るか考えないと


いけない時がもう目の前に来ている事を


自覚しないといけないのではないかと思う


健康を維持する為には


プロスキーヤーで冒険家の三浦雄一郎


さん(87歳)が新聞紙上で述べていましたが


健康法には「攻め」と「守り」の2種類がある


早起きしたりラジオ体操


バランスの取れた食事


などは「守り」の健康法で


一方「攻め」の健康法とは少し負担を体に


掛けないといけない、無理は大敵なのだが


例えばをウオーキングを例に取ると


信州大の能勢博特任教授が開発した

「インターバル速歩」


早歩きを3分したら次の3分間はゆっくり歩き


このような歩き方を交互の繰り返す歩き方


このキツイと感じる歩き方こそ体に少し


負担を掛けた歩き方「攻め」の健康法


なのです。飽きない様に如何にして


継続するか!!


三浦雄一郎が書かれていますが


歩く時に目標は決めないで、ゆっくり歩き


疲れたら休み、天気が悪かったり気分が


乗らなかったら歩かない、自室にダンベル


置いてるが気付いた時に振るくらいで


ズボラなくらいが飽きないで続けられる


のだそうです


三浦さんの今の目標は90歳の時に

孫と三世代でキリマンジェロ(5895m)

に登る事だそうです


何かを始めようとする時は


楽しみになる目標を持つ事が大切


って書かれていました



どうですか?高齢者の皆さん!!


ご自分に有った健康維持法を


探してあなたの「人生100年時代」


を迎えませんか?健康もスキルが必要


かも知れません












posted by 健康マニア at 10:19Comment(0)健康