2020年03月24日

老老介護・認認介護

お早うございます
今日の最高温度16℃
桜の生長や開花が進む暖かな日差し
花粉対策は万全になって

私の携帯のウエザーニュース

書いて有りました

さて昨日に引き続き団塊の世代の

続きなのですが私は今72歳

残念な事に両親が他界しておりますが

老老介護って問題が起きていますねえ

2018年の高齢者の独居世帯は何と

驚きましたが683万世帯で

高齢者夫婦だけの世帯も約665万世帯

あるのですから介護保険制度が

カバーしきれないのは当たり前ですよねえ

そう思われませんか?この数字が今後

益々伸びて来るのですよ

勿論困った時に無料で相談できる

地域包括支援センターって言うのが

出来てはいるのですが、上手く相談を

これだけ多くなってくると、さばき切れない

っと言っちゃあいけませんが大変だと思います

ケアマネージャーさんヘルパーさん上手く

連絡を取り合って、やられる所は少ないので

なんせ、結構お年を召して来てますから

頑固なんですねえ、言い出したら聞かないとか

自分のしたいようにしないと気が済まないとか

実情、ヘルパーさんも難儀しています

だから介護サービスの利用を拒否している方も

多いいと聞きます

私の親戚にもおります。夫婦二人暮らしで

息子は県外で所帯を持っており

両親二人で生活、母親は軽い脳梗塞

父親は肺気腫を患っており普段の生活は

しているが不自由そうな為に息子が

介護サービスの手続きをしてあげたのだが

自分の思うように出来なく、又母親が

知らない人が家に入るのを嫌って

息子に断りもなく止めてしまってた

って嘆いていたのを思い出します

「老いては子に従え」って言葉が

あるけれども中々この言葉に従順な人は

少ないのではないでしょうか?

他人事では無く私も今の所至って健康な

72歳で、息子1人娘2人上が42歳

38歳34歳3人の子供が近くに

住んでおり女房と二人暮らしをしています

女房の近くの工場で働いていますので

今の所何の心配もないのですが

もし、どちらかが介護するか、されるように

なる事を日頃から想定して段取りを

決めておかないといけないと思いつつも

元気だからって甘んじているのが現状

なのです

介護サービス拒否で一番多いのは

知らない人が家に上がるのを極度

に嫌う(特に女性)

うちの親戚も良い例ですよねえ

身内のいない高齢者夫婦では

奥さんが倒れたらご主人が大変で

もしもの事を日頃から考えて

置く事が良いのだが中々、、、

地域包括支援センターが自分の地域の

何処にあるのを知る事から始めて

見ては如何でしょうかねえ
介護保険制度、介護サービスの手続き方法
とかを事前に知って損はないと思います

取り合えず介護保険制度・介護サービス
の事が詳しく掲載されているホームページ
が有りますのでこれをご覧になって見ませんか
詳しくは下記をご覧ください

介護保険とは

ここからは介護サービスになります

又今の現状はこのようになっていますよねえ

「老老介護」とは高齢者が高齢者を介護
「認認介護」とは認知症高齢者が
      認知症高齢者を介護
この事に付きましても、とても分かりやすい
ホームページが有りましたのでご覧ください

老老介護・認認介護の現状-対策やサポート方法

これらを事前に知って置く事は
決して無駄な事ではないと自分自身にも
言い聞かせながらブログを書きました

介護の事を書かれている本も
有りますので参考になればと思います



親が倒れた! 親の入院・介護ですぐやること・考えること・お金のこと 第2版src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=plusone70-22&l=am2&o=9&a=4798158453" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />

ラベル:介護
posted by 健康シニア at 10:17| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする