2020年09月22日

例え80歳でも骨を丈夫にする事が出来ると言う事実

9月21日敬老の日

その発祥はというと、昭和22年に

兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町)で

「お年寄りを大切にし、お年寄りの知恵を

生かした村作りをしよう」という

考えのもと「としよりの日」が

提唱されたのが始まりですって書いていた

実際は9月の15日なのだけど

2002年までは9月15日に固定された

祝日でしたが、ハッピーマンデー制度の

実施によって、2003年から9月の

第3月曜日に変更となりました。

特定の日にちが決められているわけでは

ないので、その年によって最大1週間の

ずれがあります。だって!!

日本に置いて100歳以上の人は8万人

何と言っても長寿大国だもんねえ

矢張り日本の文化である主食である和食

が一番、功を博してるみたい!!

バランスの良い食事
腹八分目の食事
何事にもプラス思考
軽い運動
何か集中出来るモノを持つ

これらが良いようですよ

全て体に関係するのだけど

先ずはシッカリとした足腰が

丈夫じゃないといけないよねえ

貴方は足腰丈夫ですか?

丈夫ではないって言う方に

お薦めしたい運動があるんです

この運動って座っても出来るし

立ってでも出来るのです

ホンの一日1分間で貴方の骨が

見違えるように丈夫になるのです

貴方が70歳であろうと80歳で

あろうと年齢は全く関係有りません!!

こんな事って今の世の中ありませんよ?

お年寄り制限って言いますか?制限され

る事って多いと思いません?

しかし、唯一この運動に関しての効果が

年齢関係なく出て来ると言うのですから

試して見たいと思われませんか?

どのような運動をしたら良いのか?

どうして年齢は関係ないって言えるのか?

本当に骨が強くなるのか?

色々な疑問が多く出て来ますよねえ?


骨以外の体の器官は、皮膚でも筋肉でも

傷ついたり、裂けたりすれば必ず

傷痕が残りますよねえ!!けれども

骨は折れてもうまくつながれば

傷痕は残らないほど完全に再生します

このような器官は骨だけなのです

骨は100%再生してますよねえ

骨の完全再生は、年齢に関係ありません

若いほうが回復が早いのは確かですが

たとえ高齢になっても、骨折すると骨を

作り出す骨芽(こつが)細胞の働きが

活発になって、骨は修復されるのです

人間の骨はそういう風になっているのです

しかし、骨は動かさなかったり、重力や

負荷がかからなかったりすると、強い骨は

必要ないのだと体が判断し、骨芽細胞よりも

骨を壊す破骨細胞の働きのほうが

活発になり、骨はもろくなっていきます

病気やケガで何日も寝たきりの状態でいると

立ったり歩いたりするのが困難になるのは

骨が弱くなってしまうためです

つまり骨を丈夫にするために必要なのは

動かしたり、重力をかけたり、負荷を

与えないといけないのです

そして、最も簡単に骨に負荷をかけられる方法が

「たたく」ことなのです。しかしバンバン叩く

と言う事ではなく、軽く軽く叩いてあげるのです

骨には、実にさまざまな機能があって先ず

骨の大きな役割の一つに、体を支えるという

重要なものがあります。人体に骨がなかったら

体の支えがなくなって、立つことも動くことも

できません。そうですよねえ!!

また、骨にはデリケートな臓器を保護するという

役割もあります。柔らかい組織でできた

脳を守るのは、硬い頭蓋骨ですし、心臓や肺は

背骨、胸骨、肋骨からなる胸郭によって

守られています。そして長くくねった腸を

支えているのは腸骨です。このように骨は

緑の下の力持ち的な存在なのです

骨は臓器としても大きな役目を

果たしています骨には、内部の骨髄で

血液を作り出す役割があります

また、体を病気から守るリンパ球や

NK(ナチュラル·キラー)細胞などといった

免疫細胞も、骨の内部の骨髄で

作られているのです。それから骨は

全身に約60兆個あるといわれる細胞に

カルシウムを供給しています

おもにカルシウムとコラーゲンから

できている骨は、自分の身を削るかの

ように蓄えたカルシウムを放出し

体内のカルシウム濃度を常に適切に

維持するようコントロールしているのです

さらに最近、骨から分泌される

「オステオカルシン」というホルモンに

記憶力認知機能を向上させたり、生殖能力を

向上させたり、血糖値を下げて全身の

代謝を活性化させたり、活性酸素を

除去したりといった多くの、若返り効果が

あることがわかってきました。また、同じく

骨から分泌されるホルモン「オステオポンチン」

には、免疫力を高める働きがあることが

わかってきました!!

骨が如何に大事な役割をしているかお判り

頂けたと思います。その大事な大事な骨を

育てながら成長させる事が簡単な「たたく」

と言う方法で出来るのですから、これ程

素晴らしい事はないと思いませんか?

是非この本をお読み頂きお手元に

届きましたら直ぐ実行して頂きたいのです
  ☟☟☟☟☟☟☟☟

IMG_6596.JPG

IMG_6599.jpg

IMG_6597.JPG
posted by 健康シニア at 10:53| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする