2020年11月08日

糖尿病患者数は1000万人!!

糖尿病とは一体どのような病気なのか












概要としてこのように書かれていた

血液中の血糖値が慢性的に高い値を

持続する疾患なのです


糖尿病は大きく分けて

1型糖尿病2型糖尿病

分かれております

1型糖尿病インスリンをつくる

膵臓の細胞が障害されることで

起こるためインスリン依存型とも

呼ばれる


2型糖尿病では、食べ過ぎ・飲み過ぎや

運動不足、ストレスなどにより膵臓の

働きが弱まったり、インスリンの働きを

阻害する物質が体内にたまることに

よって発症。遺伝的要素も大きく家族に

糖尿病患者がいる場合に発症する

可能性が高いといわれている


その為に2型インスリン非依存型

とも呼ばれていますが

日本の糖尿病患者の95%は2型だと

いわれている網膜症・腎症・

神経障害の三大合併症や

動脈硬化症を伴うことも


度発症すると完全に

治るということがないため

生涯を通してうまく付き合って

いくことが大切となる


糖尿病は1型2型ともインスリン不足や

インスリンの効果が弱くなる事が原因


インスリンの役割は糖の代謝を調節し

血糖値を一定に保つ働きが有ります


インスリン不足や効果が弱くなる原因として

2型糖尿病の場合、食べ過ぎ・飲み過ぎや

運動不足、ストレスなどの生活習慣が原因


食事療法の基本的な考え方は、カロリー

(エネルギー)を必要以上に

とらないようにすることです

貴方の適正カロリー計算の求め方 


標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

例えば、私で計算して見ますと身長163cm

58.45=1.63×1.63×22

58.45(ベスト体重)

1日の適正カロリー=標準体重(kg)×25~30kcal

1456Kcal=58.45(体重)×25

1755Kcal58.45(体重)×30


私の一日のカロリー摂取カロリ-が

1456 kcalから1755kcal

このようになります!!


実際に糖尿病によい食品、悪い食品

は有りません


血糖値を上げるのは白米やパン

麺類などの主食、果物、菓子類

清涼飲料水、砂糖など炭水化物(糖質)です


糖尿病にならないようにする為には

べ過ぎや血糖値を安定させたり

すい臓の負担を軽くしないといけません


例えば食間を5時間から6時間を目安に

する事とか寝る2~3時間前には

夕食を済ませるとかを心掛ける必要が

有ります。次に運動ですが、お決まりの

ウォーキング、ストレッチ運動

軽いジョギング、サイクリングなどの

有酸素運動が最適なのですが、、中々

運動する時間が取れないって方も

結構おられます!!


じゃあ!!どうすりゃあ良いかと

言いますと日頃の通勤時間とか日頃の

生活の中で取り組めば良いのです!!


例えばエレベーターやエスカレーターを

使わずに出来るだけ階段を利用するとか

直ぐ近くに行く時も車で行ってたのを

歩くとか日常生活の中で工夫をすれば

幾らでも運動する事が出来るのですから

コレを利用しない手はないのでは

ないでしょうか?


糖尿病は贅沢病ではないのです!!

厄介な病なのです!!そこを自覚

しないと減少は致しません!!


糖尿病は40歳を過ぎた頃から増え始めて

いるので充分に気を付ける必要があるのです


よって今一度現状を再確認して

頂きたいのです


糖尿病と疑われる成人は2016年時点

1000万人を上回っている

50歳代の男性の5人に1人が肥満

就業時間が週60時間以上の人は肥満が多く

運動不足の人が多い


今度は糖尿病に効果がある事を書きましょう!!



ナッツを習慣的に食べている人は心血管疾患や

脳卒中の危険性を下げられる事がハーバード大学

公衆衛生大学院などの研究で明らかになったんだって

ナッツには不飽和脂肪酸が多く含まれており

不飽和脂肪酸には、悪玉のLDLコレステロールや

中性脂肪を減らし、動脈硬化を防ぐ作用がある

糖尿病リスクくを低下させる為には

悪玉コレステロールを増やさない事

最適なのがオメガ3系脂肪酸

リスクを下げる効果を発揮するのです

食物繊維(大豆・キノコ・野菜・海藻

果物・こんにゃく)も積極的に取り

有酸素運動をして有酸素運動

「ややきつい」と感じ少し汗がにじむ程度の

強さで一日30分を目安に小分けしても

良いので行う事と継続しなきゃあ何の意味が

無いものになってしまうのです!!


頑張って見ませんか?


ご自分や家族の為にも!!

為せば成る、為さねば

成らぬ何事も






ラベル:生活習慣
posted by 健康シニア at 12:51| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする