日本企業の給与ってそんなに低いの?

欧米企業や国内の外資系企業に比べ
日本企業の給与は相対的に低いらしい

良く調べて見ると、それなりの日本独特の
理由が有った

日本企業の典型的な給与制度は、若い時は
仕事の成果の割に給与が低い代わりに、
毎年昇給し続け、40歳を過ぎると
実際の成果以上の給与をもらう年功賃金である。

これに比べ外資系企業の多くには
毎年昇給の概念がなく、役割やポストごとに
賃金が決まる職務給である。

職務給とは若いでも大きな役割やポストに就けば
当然年収も上がると言う給与体制の事だ

日本の外資系企業を見れば一目瞭然日本企業より
相対的に高い、高くしないと良い人材が取れない
成果主義のシステムだからだ

日本の社長が給与の引き上げに難色を示す理由

例えば30歳であれば全員の給与がほぼ横並び
なので給与を上げないといけないという
プレッシャーが企業側にないし、また
社員の側も自分の役割や成果の大きさに
見合った給与を要求しない風土もある

トップが給与の引き上げを経営の最優先事項
とは考えていないということだ。

大手企業が最高益を更新してるにも関わらず
株主から配当を増やせという圧力が高まり
株主への分配比率が上昇しているからです
経営者はこちらに眼を向けていて賃金を
上げづらくしていると大手シンクタンク
のエコノミストは分析しています

非正規社員の増大も挙げられています
どういう事かと言うと、これまでの日本企業は
賃金で低いパート・アルバイトなどを使い
非正社員比率は4割弱に達している
その結果、平均賃金を押し下げている
今後は「同一労働同一賃金」の法制化
に伴い総人件費が増える事になった時に経営者が
この現実にどう判断するかによって違ってくる

年功的賃金から脱却し成果や職務重視の給与体系
にすれば、若くして高い報酬をもらう社員も発生
するが、人件費が変わらなければ給与が
下がる社員も発生する。

日本人の給与が劇的に上がることは、
残念ながら想像ができないのが現状である

人事ジャーナリストの溝上憲文氏
書かれていました


余り楽しくない現実をお見せしましたが
それではどうしたら良いのか?

個人的に私は思うのですが

気取った言い方をしますと

会社とWIN/WINの関係になる

詰り会社が欲しい人材になると言う事


日々、自問自答をして見てください
今、俺は私は会社に取って必要な人材なのか?と
これからの時代、従業員側は誰にも負けない
技術や得意な物を持った人が会社と良い関係を
作る事が出来ると認識すべきではないかと私
個人としては考えます。不平不満ばかり言っても
何も良い方向へは向かわないと思います







この記事へのコメント