休み方改革

間には三つの疲労、すなわち体を使うことに

よる肉体的疲労、人間関係などのストレス

からくる精神的疲労

情報通信端末から発せられるブルーライトの

影響や、つねに情報の渦の中で

生活していることで感じる

ストレスなどによる神経的疲労(脳疲労)があり

これらに共通した疲労回復に役立つのが

睡眠といわれている

夜の睡眠の質は、朝起きたときから影響を

受けているので、目覚めたら太陽の光を浴び、

動物性たんぱく質を含んだ朝食を取るなど

1日24時間単位で生活をデザインすることが

大事である。お昼休みなどに10~15分の

仮眠を取り、脳をリフレッシュさせることが

有効
のようだ

睡眠の質を高めるためには、眠る前に五感を

リラックス
させること。

触覚、つまり皮膚から入ってくる情報も

重要なので肌に触れる寝具も

工夫する事も必要だそうだ

「質の高い眠りは、人間にとってとても重要です

それを実現するための必要な物の1つが寝具です

自分自身にフィット
するものを選び、

その時々の調子や年齢に応じた心身の変化に

合わせて買い替えていくことも必要です」

「日本人は世界的に見ても睡眠時間が

足りていません働き方改革といっても

なかなか採り入れることは難しい

しかし休み方は自分で決められますよね。

質の高い睡眠を取り、体、心、脳まで休めて

生産性を上げることが本当の働き方改革

つながるのではないでしょうか

読んで頂き有難うございました


この記事へのコメント