すべてのヨーグルトにビフィズス菌が含まれているわけではない」という事実だ

近年、「腸活」なる言葉が、女性誌を中心に

さまざまなメディアで取り上げられいます

「腸の調子を整える活動」という意味だが

腸は健康と密接につながっており

言うまでもなく健康
ビジネスパーソンにとっては

欠かせない資質ですよねえ。そして

この腸活において重要な役割

果たすのが「ヨーグルト」なのです

腸活が今なぜ取り上げられるのか

それは近年、「腸内フローラ」の研究が

目覚ましく進んだことが一因です

腸内フローラが人の健康を大きく左右することが

より具体的にわかってきている

その中でも注目は

「ビフィズス菌」の入ったヨーグルト

すべてのヨーグルトにビフィズス菌が

含まれているわけではない」

むしろ含まれているほうが実は少数派

ヨーグルトとは乳を乳酸菌で発酵させたもの

それに対してビフィズス菌は乳酸菌とは

まったく別種のもの

ビフィズス菌は酸や酸素に弱いため

取り扱いが難しくヨーグルトに入れて

生きたままお客さまに届けるには

大変な労力とノウハウが必要です

では、なぜ苦労をしてまでヨーグルトに

ビフィズス菌を加えるのか?

人間のカラダの中では

身体に有用な働きをする“善玉菌”

有害な働きをする“悪玉菌”

せめぎ合っています

実は大腸内の善玉菌のほとんどが

乳酸菌ではなくビフィズス菌

その割合は99.9%対0.1%です

だからビフィズス菌入りヨーグルトを食べて

腸内のビフィズス菌を増やすことで

腸内が善玉菌有利となり、より良い状態に

整えられるのです

乳酸菌とビフィズス菌では、カラダの中で

作り出す成分にも違いがある

乳酸菌は主に乳酸を生成するのに対し、

ビフィズス菌は乳酸だけでなく

「酢酸(さくさん)」も生成します

酢酸強い殺菌作用があり、腸内の悪玉菌を

追い出す作用がある

ビフィズス菌にも多くの種類があり、大きくは

人の腸内にすむビフィズス菌と、動物の腸内にすむ

ビフィズス菌とに分けられます

動物由来のビフィズス菌のほうが、酸や酸素に強い

そのため製品化が容易な動物由来のビフィズス菌

使ったヨーグルト製品も少なくないという

その一方、人由来のビフィズス菌

デリケートなために、ヨーグルトに配合するには

製造の際、発酵管理に細心の注意を

払う必要がある

健康増進を第一に考えてのことだ

人間の腸に生きたまま届き

より良い整腸作用をもたらす

それでは食べるタイミングはどうでしょうか?

食後が一番良いようです何故かと言いますと

ビフィズス菌は酸に弱いため、胃酸の濃度が

高くなっている空腹時より、胃に食べ物が入り

胃酸濃度が下がっている食後のほうが、

より生きたまま腸に届きやすいと

考えられるからです

それと少量でも良いので毎日続ける事が最大の

ポイントです。ご自分のルーティーンとして

捉えて続けて見てください

一回の量に関しては、森永乳業のビヒタス

「BB536であれば1日30グラムでも

100グラム食べた場合と同程度の

整腸作用があることがわかっています

30グラムとは、カレースプーン1杯ほどです

ビフィズス菌の効果をより高めるポイント

オリゴ糖や食物繊維を一緒に食べるということ

どちらもビフィズス菌のエサとなり

腸内でビフィズス菌

増やす作用があるからなのです

オリゴ糖はバナナやリンゴに

食物繊維は野菜や果物

きのこ類に多く含まれていますよ

是非コンビニやスーパーで買われて

健康を維持しましょう

 















この記事へのコメント