最初の乾杯はビールから???

忘年会時期が間近いになって

参りましたが、飲む時に乾杯

付き物ですが、大体ビールで乾杯と言うのが

定番になっておりますが、医学的にも正しいんだ

そうですよ。その訳は言いますと 最初に口を

付けるお酒はアルコール度数の低い

お酒にしないと度数の高いお酒だと内蔵に負担

掛かり血圧の変動を誘いやすいのだそうだ

アルコール度数で言うと酎ハイや水割りでもと

思われがちですが、ビールの利点はその他

にもあるのです。胃液の分泌を促進し

ビールの原材料のホップには消化を助ける

抗酸化作用
が有るので

食欲増進も期待出来るのだそうです

但し何事も程々ですが

又お酒をチャンポンするのはよくある事ですが

チャンポン自体が体に悪い影響を与える事は

ないそうですよ。しかしお酒の種類を変えて

飲んでいくと、口あたりが変化するため

おいしく感じ、ついついお酒が進み

アルコール摂取量が増えてしまいます

ここに問題があるようで適量を

超える危険性が高まります


程々が体の健康を保つ秘訣なのでは

無いでしょうかねえ

最後の1杯は水やお茶、または

アルコール度数の低いお酒で

終えるようにするのが鉄則のようです

強くて濃いお酒で終わってしまうと

夜中に脱水症状に陥りやすく

二日酔いの原因にもなるので

ご注意
くださいって言っても

中々呑み助は、これが守れないんだよねえ

話を少し変えますが、誰しも健康寿命を

伸ばすたい
と考えますよねえ

そこで食品安全にかかわって40年の歴史

誰が呼んだか食品安全の生き証人

85才の増尾清さんが書かれた

『もう、体に毒は溜めない』と言う本を

出版されました。

「わが家は妻も83才。夫婦の長生きが

私たちが実践してきたことが正しかった

証明でもあります。やってきたことは

いたってシンプル。大雑把だけれども

長く続けることが大事なのです」

そんな増尾さんが心がけているのは

とにかくバランスよく食べること

それにはルールがあるという

あなたの健康寿命を伸ばす為の方法が

沢山書かかれた本に仕上がっておりますので

是非興味のある方は

読まれて見ては如何でしょうか?









この記事へのコメント