家族へのインフルエンザ感染対策・うつらない方法

もし、大切な家族がインフルエンザに

感染した場合、不安になってきますよねえ
風邪.png

インフルエンザがどのように感染するのか

改めて解説いたしましょう

インフルエンザウイルスは殆どが患者からの

咳、クチャミから出るしぶき、鼻水に多く

含まれていますが、患者の咳、クチャミにより

バラまかれ、周囲の人がそれを吸い込む事により

感染するのです。ウイルスを含んだシブキが付着

したものや、ウイルスが着いた手で

触れたものなどを介して目や口、鼻の粘膜から

感染するのです

体内の入ったウイルスは、発症して3日~7日で

体内から排出されます。よって熱が下がり症状が

軽くなったからと言って外出したりせずに療養

する事が感染予防に置いて大事な事になります

お子さんがインフルエンザに感染した場合

学校保健安全法では、「発症した後5日を経過し

かつ、解熱した後2日間(幼児は3日間)を経過

する迄登校しないと言う事が定められております

家族がインフルエンザに感染した場合の看病

医師からの薬は必ず、又高熱で汗をかきますので

スポーツドリンクや経口補水液などの水分を

タップリ取って安静と充分な睡眠を心掛けて

ください。食事は、柔らかくて

消化の良い物、おかゆとか雑炊、うどんなどは

胃に負担が少ないので良いと思います

又、他の家族に移らない為にも出来れば

お部屋は別の方が良いのですが

難しい場合は、なるべく1m~2m以上

離れるように部屋に加湿器などを使い

部屋の湿度は50~60%を保つようにしてください

勿論、患者に接する時はマスクは必ず、特に小さな

お子さんには目を離さないようにする事を

心掛けてください。又、患者の使ったタオルや

触れたものドアノブ、家具、室内の電気のスイッチ

便座、トイレのレバーなども、その都度

アルコールや塩素系消毒液で

拭き取るようにして頂くと

効果的な感染予防につながります


*上記より抜粋致しました

先ずはインフルエンザに感染しないように日頃から

心掛けて置くことが大切だと思います


3615.jpg

この記事へのコメント