2024年度にはリース車両の保有台数が481万6000台迄伸びると予想されている根拠は?

一体カーリースってどんな仕組み?

契約者の選んだ新車をカーリース会社が購入し

契約者は月々の決められた使用料金を

カーリース会社に支払ってその車を

利用するというシステム」の事を言います

車の名義はカーリース会社が所有者

契約者は使用者となります

今の時代、物は「買うもの」という考え方から

「借りるもの」という考え方へシフト

している様子が伺えます。そして今や

車も「所有するもの」から「借りて使用するもの」

として、カーリースへの需要が高まってきている

ことをご存知でしょうか。

カーリース業界は

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いで成長して来ているのです!!

カーリースの利点は何と言っても

リース料金に、自動車取得税、自賠責保険料

車検時に必要な自動車重量税

事務手数料が含まれています

つまり、購入時に必要なまとまった

支払いが不要なのです


月々の料金をカーリース会社に支払って

自由にマイカーのように使用出来るのですから

はっきり言わせて頂きますと

カーリースはローンよりお得です


何故、そう言い切れるとかと申しますと

そう言い切れる理由がカーリース独特の

「残価設定」にあります

残価とは、カーリースの契約期間満了時

使用していた車の見なし査定価格のことです

カーリースでは、車両価格からこの残価を

差し引いた車両価格を契約月数で割り

リース料金が計算されます

ですから、返すときの価値が引かれるので

そもそもの本体価格がローン(全額)

より安いのです!!

しかも、それとカーリースではリース料金に、

自動車取得税、自賠責保険料、車検時に

必要な自動車重量税、事務手数料が含まれています

つまり、購入時に必要なまとまった

支払いが不要なのです!!

カーリースなら、初回のお支払からず~っと定額なのです

家計にも経済的ですよねえ!!

だから、ここ最近の個人向けカーリース市場の

伸びは凄まじく、2016年の矢野総合研究所の

データによりますと

2016年末迄もリース車両の保有台数は

20万7.308台と前年比24.5%伸びです

今後2024年度にはリース車両の保有台数は

481 万 6,000 台まで延びると予測されており

まさに今、成長真っ只中といえるのが

個人向けカーリース市場なのです


現在、自動車業界は「100年に一度」

といわれるほどの規模の変革期にあります

個人においても車は購入するものからリース

シェアする時代へと移り変わって

きているといえるのではないでしょうか?

是非一度貴方もカーリースをご検討して見ては

如何でしょうか?







この記事へのコメント