2020年01月26日

こんな鉛筆の発想 とてもユニーク!!楽しい!!

こんにちわ!!健康マニアです


マタマタ雨の予想が晴れてやんの


いつも健康に関するブログだけど


今日は違いますよ!!


私の方言を交えて書いて見ました


題して【虹色の鉛筆削りカス】

​​​​​​​​

鉛筆を削ると虹色の削りカスが出てくるって

見て見たいと思もわん?

どうよこの色






絶対、子供喜ぶって思わん?

わあ!!きれいやんって

面白がって、削ってばかりでも

困るんだけど

​​

最近大人も子供も手に持って字を書く事って

少なくなってきてない?痛感しているよ


携帯、パソコン、タブレット、OA機器の普及の影響

仕方ない事なんだけど


​​だから字をドンドン忘れて来るんだよねえ​​

​​あれえ、この字はどう書くんやったっけ?

思い出せない!!

こんな事って日曜茶飯事よ


​書かんといけん書かんといけんって

解っては要るんだけど​

​​​​​​​​​​​だからね最近はメモ帳を作って

何処にかしこ置くようにしたんよ

書き癖をつけないけんって思って


メモ帳と一緒にボールペンを一緒に

置いて置くんやけど

これが、今みたいに寒いと中々スーッと書けんのよ

これまた、シャクにさわって

ええくそ!!書けんやんって

その点、鉛筆だったら芯が

出て入れば、いつでもOK!!

シンプルこそ最大の武器って感じよ


さて脱線しけど虹色鉛筆に戻ろうか?

この鉛筆を使う事で書く事が

増えて沢山字を書く事で

後から楽しみが出て来るんよ


普通の鉛筆だったら書いていて芯がチビッて来たら

鉛筆削る、面倒臭そうに削らんかった?

嫌な顔をしながら削ったよねえ

思い出さん!!


それが、この虹色鉛筆だと

何かニヤニヤ顔にならん?

何かワクワクして楽しくなってくる

虹色の削りカスが段々出て来ると

キレイキレイってテンション

上がってくるんよ


よーし、もうひと頑張りして書こうかってねえ

こんな気持ちにしてくれるんが

この虹色鉛筆じゃないんやないやろか?


大人がこんな気持ちが起こるんだから

ましては子供は純粋だから

モットテンション上がるよねえ!!


ああ、4月入学シーズンだけど


小学校入学のお子さん、お孫さんおられません!!

絶対喜ぶって思いません?


ほらあ、4.5歳のお子さんに

パパの名前書いてごらん

ママの名前書いてごらんって

書かせて見てごらん

喜んで書くと思うよ。

だって書いて早く削りたいのだから


色々な事を書かせるとお子さんの字を覚える速度も

ドンドン早くなり、何でも書きたいという

衝動にも駆られるからドシドシ字も

覚えて来るしお子さんにとても

良い動機付けにもなるんやないやろか?


とても良いユニークは鉛筆が出来たもんだなあ

​​​この鉛筆を企画した人は

イギリス人の若手デザイナー 

ダンカン・ショットン氏

に依るアートペンシル

鉛筆を削る何ともない動作の度に

気分を上げて欲しいと

思ったのが動機のようです


4月から小学校の入学

可愛いお子さんの入学祝にどうです?

お爺ちゃん、お婆ちゃん!!お孫さん

入学祝にどうですか?

お孫さんの喜んだ顔が

あなたの眼に浮かびませんか?

想像して見てください!!

可愛いお孫さんのにこにこした笑顔!!


勿論、お爺ちゃんお婆ちゃんの入学祝いは​​

この鉛筆のプレゼントで完了って

訳にはいけませんが添えてあげるって事で

より一層、お爺ちゃんお爺ちゃんの

お株が上がるのでは有りませんか?


残念な事には鉛筆削りがセットになっていないので

別購入で一緒にプレゼントして上げるって言うのも

一つの手ですね。ほら、昔手でクルクル

回して削った簡単な鉛筆削り

あれなっか良いんじゃないですか?

大した値段はしませんよ



購入された方のレビューを拝見いたしますと


お母さん方のお子さんにとても

喜ばれてるみたいですよ

削ってからのお楽しみが

超受けてるみたい




*写真には鉛筆削りも出ていますが

商品の中には鉛筆削りは付いていませんので

気を付けられてください





因みに鉛筆削りも送料の方が高くつきますが

参考程度に

​​​​​​​​​​​​​
ラベル:虹色の鉛筆
posted by 健康シニア at 11:28| Comment(0) | 使い勝手の良い物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください