今迄に3000代以上売れている電動スクーター

20​​​​19年11月に発売された

「ブレイズEVスクーター」

これが何と今迄も3000台以上
売れてるって言うのだから

凄いですよねえ!!

その秘密は何なのかを

探って見ましょう!!

端的に言えば顧客のニーズに
答えたって事なのですが


顧客のニーズとは
『クルマに積めるスクーターが
あるといいのに』


コンセプトは手軽に乗れ

クルマにも積め

軽くてデザインがよく

品質が高い

顧客の声をジックリと聞いたのが

デザイン、価格、機能だった

そして作り上げたのが

この「ブレイズスマートEV」と言う事なのです

リチウムイオン電池への充電は

家庭用コンセントで出来ます

サイズは全長1200cm×高さ950cm
    ×幅650cm

折りたたむと全長約600cm×高さ1200cm
     ×幅350cmになる

5ナンバーサイズのコンパクトカーの

荷室はもちろんのこと

軽自動車でも荷室の広いもので

あれば積むことができる

カラーはブラック、ホワイト

ワインレッド、カーキの4色展開

原付免許または普通自動車免許を持ち

ナンバープレートを取得・装着し

自賠責保険に加入すれば

公道を走行できる(ヘルメットは装着)

車両重量は約18キログラムで

乗車定員1名ながら

最大積載量が120キログラムもある

又折りたたみ方は簡単

要する時間は、わずか5秒ほどだ

走行性能なども気になるところ

最高速度は時速30キロメートルだが

4つの走行モードを搭載

スムーズに発進できるものや

発進時から力強く走り出す

モードなど、状況に応じて

選択することができる

ブレイズスマートEVはオートクルーズや

防犯アラートなども搭載したほか

スマートキーを採用している

Bluetoothにも対応しており

カーナビアプリを

搭載したスマートフォンを接続すれば

カーナビとして使うこともできる

折りたたむことなくエントランスから

そのままエレベーターに乗ることができ

玄関にそのまま置くことができる」

といったことが可能な事も顧客にも

喜ばれている要因にもなっている

その他、高いものだと20万円以上はする

電動アシスト自転車より、こちらに眼を向けた」

って人も多かったようだ

如何だったでしょうか?

こんなにも売れた理由を

お判り頂けたでしょうか?

宜しければ貴男も仲間に

お入りになりませんか?

詳しくは下記をクリック!!







この記事へのコメント