2020年10月14日

ココにもコロナの影響で65歳以上の転倒事故が増加中??

65歳以上の高齢者の自宅転倒が

増えている

ココにもコロナの影響で自宅で過ごす

時間が多くなっているのが

増加の原因のようだ


転倒の発生場所で一番多いのが矢張り

「浴室」「脱衣所」が最も多い

「庭」「駐車場」「ベット・ふとん」

「玄関・勝手口」と続いている

転倒した人の大体83%が通院や入院

必要なけがを負っています

転倒⇒入院⇒寝たきりのコース

ならないように日頃からの

注意が必要なのです!!

私毎になりますが私も72歳

足腰丈夫なのですが家の中で

スリッパを愛用していたのですが

自分のスリッパにつまずく事が

多々あり、不思議なもので一旦

よろめくと立て直す事が

出来ません!!ホント情けない

若い時はサッと元に戻ったのだけど

自分自身認めたくないのですが

老化しているんですよねえ!!

そのままバタンですよ!!

依って今はスリッパを

履いていません、安全の為に!!

素足でキッチン廻り洗面所周りを

歩いております。これが一番!!

昔ウチのお袋も良く自宅でよく

転倒しておりました、よって

段差をなくしたり、滑り止め

マットを買って来たり

手すりを付けたりありとあらゆる

事をしたのですが完璧と言う事は

ないのです。バッチリって思っても

それでも転倒しますからねえ😂

ガッカリしてたのを思い出します

お年寄りを抱えてるご家族の方!!

最新の注意をしてあげてくださいね


よくある転倒例

階段を踏み外して転落、階段で
バランスを崩して転倒

起床時や夜間にトイレへ行く際
ベッドから転落・転倒

靴下やじゅうたん・バスマット
毛布などに足をとられて転倒

風呂場で滑って転倒

庭の木の剪定作業や雪下ろしの
ために脚立・はしごを使って
屋根の上などの
高いところから転落

椅子に上って高いところに
あるものをとろうとした
際や電球を取り換えて
いる際に転落

玄関の段差でつまずいて転倒

このような事が起きらないように

私達高齢者が日頃から体力を維持

して行かなければならないのです

誰も好き好んで寝たきりに

なる人はいませんしね!!


先ず簡単なウオーキングから

続けられませんか?

外がイヤなら室内でも。やって

見ようと思うならどんな場所でも出来る

私達高齢者の利点でも有り我々高齢者は

そこんところは器用に出来ています

昔は今のように恵まれていなかったので

其処にあるものを代用して使った経験が

豊富だからその点は今の若い方には

負けません!!

どうですか?そうですよねえ?

健康寿命を伸ばしましょうよ

高齢者の方々一人一人が自覚する事で

医療費も減少してくるのでは

ないでしょうか?

高齢者自分の為にでも
あるのですから!!

頑張って健康維持を継続して

生きましょう!!



のほほん親父ののほほんブログ
ラベル:高齢者
posted by 健康シニア at 12:25| Comment(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください