熱中症、熱中症、あっという間にに熱中症!!


総務省消防庁が30日発表した

記事によりますと、熱中症で

22日~28日の一週間で

救急搬送された人が全国で

5664人の上ったってと

言うではないですか?

その内、11人の方が死亡

搬送者の52.6%は65歳以上

私の71歳ですが何とも

辛いですねえ

正直、自分でも熱中症と言う

自覚がないですよねえ

症状的にはめまい、立ちくらみ

筋肉痛、筋肉のけいれん

倦怠感、頭痛、吐き気、高体温

などの症状が表れると言う事ですが

どうですか?このようになった時には

直ぐに熱中症を疑ってください

一番肝心なのは、ならないように

日頃から注意を払って置く必要が

有るって事ですよねえ

先ずは高温多湿な環境を避ける事

しかし、仕事の関係上

そうは、いかない事の事の方が

実際は多いいじゃないですか?

だから、こまめに水分を取る事

これに尽きるのではないでしょうか?

水分の補給ですが一番良いのは

ぶどう糖と果糖を含む飲料だそうです

理由は体内ですばやく水分補給効果を

発揮出来るからです

順位としてはこのようです

1位→ぶどう糖と果糖を含む

        糖電解質飲料(スポーツドリンク)

2位→ミネラルウォーター、麦茶

3位→果糖主体の飲料(糖質を多く含む飲み物)

スポーツドリンクが良いと言う事は

大体の方が、ひとづてに聞かれている

と思いますが、ただ、スポーツドリンクも

水分をもっと体に吸収させる為には1.5倍

から2倍に薄めて飲むのが良いそうです

例えばポカリ○○は2倍、アクエ○○は1.5倍

ここで少し注意が必要な事を書きますね

炭酸飲料や清涼飲料水は糖分が濃い過ぎて

水分補給が阻害される事から適しません!!

又カフェインを含む飲み物、例えば緑茶

カフェインが体内に入ることで

体が水分を外に出そうと作用しますので

どうしてもお茶を飲みたいのならば麦茶

カフェインを含んでいませんので

あとは飲み方と致しましては

一気飲みは駄目ですよお!!

喉を潤しながらユックリ

大体、1回の水分補給で身体が

吸収出来る水分量は決まっています

200ml(コップ1杯程度)なのですから

とにかく『こまめな水分補給』

大切だって事なのです

その他には、食事の時に水分の多く含む

例えば、きゅうりとか夏野菜を取る事でも

胃や腸の中から水分補給をすると言う事も

出来ますので






posted by アクティブシニア70 at 13:48Comment(0)介護予防