老化を進める原因のひとつ

老化を進める原因のひとつに

血糖値の急上昇があります

血糖値が急上昇するとインスリンが

血糖値を下げようとして

たくさん分泌されるようになります

このインスリンは血糖値を下げる役目の他に

実は脳内で老化を進めたり脂肪の分解を

遅らせたりする働きもを持ち合わせているのです

つまり、つまり、老化を遅らせるためには

血中のインスリン分泌を少なくすることが

大切なのです。と言う事は

血糖値を上げるのは糖質(=炭水化物-食物繊維)

だけなのでインスリン分泌を少なくする為には

単に糖質を制限すれば良いと思われがちですが

そうじゃなく、制限と言うと、かなり辛い

部分が有りますので制限よりコントロール

で進めて行った方が得策ではないかと思います

ではどのようにすればコントロール出来るか

ですが勤め人が昼飯で主食抜いた分を

タンパク質や脂肪でしっかり埋めるのは

難しいという方もおるけど、そんなことない

勤め人で有れば昼食にコンビニを活用する

コンビニに糖質制限に向いた総菜が

なんぼでもあるし食べ足りなかったら

空揚げ1、2個追加すればいい

寒くなりつつある今の季節「おでん」

何か如何でしょう!!

最近のコンビニでは食品の栄養表示が

きちんとしていて、糖質量を

確かめやすいのも利点です

但し、汁は飲まないように致しましょう

又、さつま揚げなどの練り物は、つなぎで

でんぷんが多く使われているので避けた方が

良いと思います

糖質制限に持って来いの調味料がマヨネーズですが

サラダにマヨネーズを掛けて

食べる方法も良いですし

サラダチキンも最近眼に付くように

なったのですが、お薦めしたい食べ物です

そもそも、糖質制限とは

ご飯やパン、?類などの摂取糖質量を抑え、

その分をタンパク質と脂質で補って

必要なカロリーはしっかり確保する。

血糖値を直接上げるのは糖質だけ

食後血糖値が上がると血管の内皮を

傷つけ動脈硬化、糖尿病の合併症に

つながっていく糖質過剰は

“肥満ホルモン”インスリンの

大量分泌を招いて代謝を乱し

血管をさびやすくする酸化ストレスが

増す。食後血糖値上昇がない唯一の

食事療法が糖質制限食です

魚介・肉・豆腐・納豆・チーズなどの

たんぱく質や脂質が主成分の食品は

しっかり食べる

糖質の多い食品で、特に白いパン

白米、麺類、菓子、白砂糖など

精製された糖質の摂取は極力控える

やむを得ず主食を摂るときは

未精製の穀物(玄米、全粒小麦など)を

日頃の運動量に応じて適量摂るのが好ましい

牛乳、果汁を避ける。成分無調整の豆乳

水、番茶、麦茶、ほうじ茶などが好ましい

糖質の少ない野菜、海藻、きのこ類は

適量食べて良い。果物は少量にとどめる

オリーブオイル、魚の油(EPA、DHA)は

積極的に摂る。リノール酸は減らす事

砂糖未使用のマヨネーズやバターも大丈夫

蒸留酒(焼酎、ウイスキー、ブランデーなど)は

飲んでも大丈夫だが、醸造酒

(ビール、日本酒など)は控える

間食やおつまみなどはチーズ、ナッツ類を

中心にして適量を摂る。菓子類

ドライフルーツ類は不可

できる限り、化学合成の添加物の

含まれていない食品を選ぶ

糖質制限がしようとして脂質も制限

する人がいますが、それは間違いです

脂質・たんぱく質は十分摂取して構いませんが

1日3000kcal以上を食べたら

糖質制限食でも痩せません

甘いモノだけが糖質の多い食品ではありません

砂糖を使用していないせんべい、おかきなども

糖質は、たっぷりあるのでNG食品です

野菜でも根菜類、いも類は糖質が多いので

注意が必要です。糖質少ない葉野菜でも

炒めたりして大量に食べるのは困ります

健康的といわれる食品でも糖質が多ければNG!

例えば、玄米、雑穀米、蕎麦

糖質がたっぷりあるので

基本はNG食品です

ごはん抜きが無理!という方におすすめの制限方法

ごはん、パンなどの主食を摂る時

肉、魚、野菜などのおかずをまず食べてから

最後に摂ることをお奨めします

最初に糖質の少ないおかずをたっぷり食べた後では

主食の量が少なくても満腹感を

味わえるので一石二鳥です

腹いっぱい食べて楽々痩せる「満腹ダイエット」 SB新書 / 江部康二 【新書】

江部康二の糖質制限革命 医療、健康、食、そして社会のパラダイムシフト [ 江部 康二 ]

食物繊維は糖の吸収をゆるやかにするだけでなく

肝臓での糖の放出をストップさせる作用があるので

血糖値の上昇を抑えてくれます

さらに、食物繊維と糖質の高い食品を

一緒に食べると脂肪組織への

糖の吸収が抑えられるので

体に脂肪がつきにくくなります

海藻類、きのこ類、豆類、木の実は

特に食物繊維が豊富です

根菜類は食物繊維は豊富ですが

糖質が多いので控えてください

脂質は気にせずに摂りましょう

糖質制限食では、糖質を減らした分、脂質や

たんぱく質が増える食事になります

「カロリーの高い脂ものを摂ると太る。」

というイメージがありますが

太る原因は糖質であり

脂質ではありません

肉など摂取は控える必要はありません

日本人は、動物性脂を摂取してもしなくても

心筋梗塞のリスクは変わらないこと

さらに脳卒中のリスクは軽減することが

複数の研究機関で明らかになりました

血流をよくし脳代謝を活発化する

EPAやDHAを多く含む魚の油(オメガ3)

血液をサラサラにするオリーブオイル

(オメガ9)は、積極的に摂ってください

アーモンドやクルミなどのナッツ類は

血液をサラサラにする脂肪成分

(オレイン酸、αリノレン酸)が多く

小腹が空いた時のおやつ代わりにも

活用できる食品です

特に、クルミは、LDLコレステロールや

総コレステロールが改善する報告があります

普段は外食やお弁当が多いという人でも

なるべく野菜やタンパク質のおかずが

たくさん入ったものを選ぶように

意識するだけで血糖値を

コントロールすることができます

医師推奨の糖質制限食のやり方
http://www.pocorin.com/learning/1-02/


ココ迄読んで頂き有難うございました

追伸:色々の方の情報をピックアップさせて

頂き書いておりますので感謝しております

有難うございます














医者が教える食事術

医者が教える食事術


昨日届きましたので早速読んで見ました

結論から先に言いますと最強の教科書

私は70歳ですが小太りです

勿論100年時代に進んで健康寿命を

延ばしたいと考えています

皆さんも同様の考えだと思います


では健康で有る為には

血糖値を標準に保つ事なのです

調の原因の90%は血糖値と書かれています

 血糖値を増やさない事に尽きると思います

それでは 血糖値は何故増えるのか

 血糖値はどうしたら一定に保てるのか

 血糖値が健康管理のカギであると!!

 血糖値の上がり下がりが

日々のイライラや老化や病気を

生み出すメカニズムでした

会社の健康診断とか特定検診とかで

空腹時血糖値やヘモグロビン値が

調べられているはずですが

再度確認されて頂きたい

健康な人の血糖値は

空腹時で80~90mg/dℓ 

痩せたければ糖質を減らせ

って書かれています

何故太るのか?

脂肪を食べたから、そのまま脂肪になると

言う事ではなく糖質を過剰摂取してブドウ糖が

余ると中性脂肪が蓄積される。太っている人は

みな、中性脂肪が高いそうですが


はい!!正直確かに私は高いです

では痩せる為にどうしたらいいか?


ココでも矢張り血糖値でした

我々の血液中には生きる為に普段、ある程度の

ブドウ糖が存在し血糖値が

一定の基準70~140に保たれています。

この水準が保たれずに上がり過ぎたり

下がり過ぎたりすると命に

関わって来るようです。


そのブドウ糖の元になるのが糖質なのです

全て繋がって来ますねえ


色々な沢山書かれています必ず参考に

なりますので是非読まれる事を

お薦めいたします




長い文章を読んで頂き有難うございました