日本企業の給与ってそんなに低いの?

欧米企業や国内の外資系企業に比べ日本企業の給与は相対的に低いらしい 良く調べて見ると、それなりの日本独特の理由が有った 日本企業の典型的な給与制度は、若い時は仕事の成果の割に給与が低い代わりに、毎年昇給し続け、40歳を過ぎると実際の成果以上の給与をもらう年功賃金である。 これに比べ外資系企業の多くには毎年昇給の概念がなく、役割やポストごとに賃金が決まる職務給である。 職務給とは若いでも大きな役割やポストに就けば当然年収も上がると言う給与体制の事だ 日本の外資系企業を見れば一目瞭然日本企業より相対的に高い、高くしないと良い人材が取れない成果主義のシステムだからだ 日本の社長が給与の引き上げに難色を示す理由 例えば30歳であれば全員の給与がほぼ横並びなので給与を上げないといけないというプレッシャーが企業側にないし、また社員の側も自分の役割や成果の大きさに見合った給与を要求しない風土もある トップが給与の引き上げを経営の最優先事項とは考えていないということだ。 大手企業が最高益を更新してるにも関わらず株主から配当を増やせという圧力が高まり株主への分配比率が上昇しているからです経営者はこちらに眼を向けていて賃金を上げづらくしていると大手シンクタンクのエコノミストは分析しています 又非正規社員の増大も挙げられていますどういう事かと言うと、これまでの日本企業は賃金で低いパート・アルバイトなどを使い非正社員比率は4割弱に達しているその結果、平均賃金を押し下げている今後は「同一労働同一賃金」の…

続きを読む