脳の老化防止まで期待できる方法とは

人は当然年を取ると脳の老化が進んで来ます 当たり前の事ですが、「脳の老化」について 研究を続けてきた久賀谷 亮先生が書かれた 新書新著『脳が老いない世界一シンプルな方法』 脳が老いない世界一シンプルな方法 [ 久賀谷 亮 ] 脳が老いない世界一シンプルな方法【電子書籍】[ 久賀谷亮 ] 一風変わったコミック+小説のストーリー仕立て になっていて少し抜粋させて頂くと、こうだ 「われわれの遺伝子が染色体という容器に 入っているのは知っておるな? この染色体の末端のキャップ、この部分の “長さ”こそが、じつは細胞の寿命や 老化を左右しているんじゃよ。 この末端の構造はテロメアと呼ばれている。」 (『脳が老いない世界一シンプルな方法』 66ページより引用) 細胞分裂を繰り返すごとに短くなっていく テロメアは、なんと35歳では 新生児のおよそ4分の3ほどに減り 65歳では半分ほどにまで短くなるのだそう 実際に人の容姿とテロメアの長さは関連しており 若く見える人ほどテロメアが長い傾向にあるそう ところで20代のころに比べると、集中力や記憶力が 落ちたという自覚はあるでしょうか この現象も脳細胞のテロメアが 関係しているのだそうだ 「テロメア短縮は、脳細胞の老化ともダイレクトに つながっておりテロメアが長い人は、記憶力も 良好だったという報告も…

続きを読む