一生懸命やれば必ず道は開けます

お早うございます

健康マニアです

コチラ九州は多少曇って

おりますが、日差しもチョコチョコ

顔を出しておりますよ

皆さん、川嶋あいさんて歌手の方

ご存知でしょうか?

今読売新聞で「道あり」項目

と言って良いのか判りませんが

幼児期に児童養護施設で育って

色々苦労されて歌が好きだったので

歌の道に進んだのだけど中々芽がでず

東京の渋谷で高校生の時にたった一人で

カラオケマイクとカセットデッキを持って

路上に立ち、怖さと辞めたいと言う気持ちと

葛藤いながら、ありったけの勇気を出して

杏里の「オリビアを聴きながら」を歌ったが

だれも立ち止まらなかったんだって

それで自分自身目標を1000回やると

キメて、1000回やって駄目だったら

あきらめるって断言したんだって

けれども「今日はお腹が痛い」「雨が

降りそうだ「」とか弱気な自分が顔をだすが

振り切って続けていたら、ある日声を掛けて

くれる人が現れてユニットを組むように

なりその人達から路上ライブも手伝って

くれるようになって足を止めるて

聴いてくれる人も増え光が差し味めて

来た気がしたって書いて有りました

今は所属事務所「つばさプラス」に籍を

置いているようです

大ヒットした歌「明日への扉」を始めとして

今現在も大活躍をされています


川嶋あいさんが言っています

「人と人が巡り会うことって奇跡なんだよね」

でも私は奇跡だとは思いません!!

川嶋あいさんが一生懸命生き抜いてきた事が

生み出した事ではないのでしょうか?

詰り、常に「前向きに素直に一生懸命」

奇跡を作ったのではないでしょうか?っと

私はこの川嶋あいさんの記事を読んで

思いました

今現在、色々な事で苦労されている方

悩まれている方も自分の身に

どんな事が起きようと、どんと構えて

明日に向かい前を向いて

一生懸命進みませんか?

必ず道が開けて来ますし

実は私も経験して来ました


今日の健康マニアのブログは

是非これらの事を伝えたいと思い

書きましたと言うより

書きたいと言う衝動にかられました

という思いが素直な気持ちかな?