2024年03月04日

なぜうるう日は12月ではなく2月に来るのか?

なぜうるう日は12月ではなく2月に来るのか?

ほぼ4年に1回、現代社会で一般的に
使われるグレゴリオ暦を太陽の動きに
合わせるために「うるう年」が設定されます。

しかしうるう年においてうるう日が
挿入されるのは2月29日

現代人の感覚だと「なぜ1年の終わりに
12月32日として挿入しないのか」
と思ってしまいますが、

この謎について、ダブリン大学で古英語を
教えるレベッカ・スティーブンソン氏が
説明しました。

単純な答えは
「昔は2月が1年の終わりだったから」
というものです。

より詳しくはコチラから
 


    
ラベル:うるう年
posted by まさじい at 09:02| Comment(0) | 情報共有 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください